人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

健康保険の被保険者

1.被保険者

健康保険に加入し、病気やけがをしたときなどに必要な給付を受けることができる人のことを「被保険者」といいます。

適用事業所に使用されている人は、国籍・性別・年齢・賃金の額などに関係なく、次の「適用除外」に該当する場合を除いて、すべて「被保険者」となります。

適用除外
(1) 臨時に2か月以内の期間を定めて使用され、その期間を超えない者
(2) 臨時に日々雇用される人で1か月を超えない者
(3) 季節的業務に4か月を超えない期間使用される予定の者
(4) 臨時的事業の事業所に6か月を超えない期間使用される予定の者

*パートタイマーは、1日又は1週間の勤務時間及び1ヵ月の勤務日数が、同じ職種の従業員の概ね4分の3以上ある場合は、被保険者となります。なお、この基準に該当しない場合であっても、総合的に判断して常用的使用関係があると認められる場合は、被保険者となります。

2.任意継続被保険者

健康保険では、会社などを退職して被保険者の資格を失ったときに、一定の条件のもとに個人の希望により被保険者として継続することができます。
これにより加入した被保険者を「任意継続被保険者」といいます。
任意継続被保険者となるためには、

  • 被保険者でなくなった日までに、継続して2か月以上の被保険者期間があること。
  • 被保険者でなくなった日から20日以内に被保険者になるための届出(ただし、20日以内に届出ができなくても、保険者が届出遅延に対し正当な理由(天災地変、交通・通信関係のスト等)があったと認めればよい)をすることが必要。

任意継続被保険者となれる期間は、2年間です。

2007年02月20日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: