人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

事業主が行う主な手続き

事業主は、労働者を雇用したときには「雇用保険被保険者資格取得届」を被保険者となった日の属する月の翌月10日までに届け出る必要があります。

例えば、4/1に労働者を雇用した場合、5/10までに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出しなければなりません。

雇用保険法上、事業主が行わなければならない主な手続きは、次の通りです。

届出を要するとき 届書 提出期限
労働者を雇用したとき 雇用保険被保険者
資格取得届
被保険者となった日の属する月の翌月10日まで
被保険者が離職、死亡等
したとき
雇用保険被保険者
資格喪失届
被保険者でなくなった事実があった日の翌日から起算して10日以内
基本手当等の支給を
受けようとするとき
雇用保険被保険者
離職証明書
被保険者でなくなった事実があった日の翌日から起算して10日以内
同一法人内で転勤を
したとき
雇用保険被保険者
転勤届
事実のあった日の翌日から
10日以内
被保険者の氏名に変更が
あったとき
雇用保険被保険者
氏名変更届
速やかに
労働者の所定労働時間が30時間をまたいで変更になったとき 雇用保険被保険者
区分変更届
変更の事実のあった日の属する月の翌月10日まで

2007年06月14日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: