人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

二次健康診断等給付

労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のうち、直近のもの(「一次健康診断」といいます。)において、「脳・心臓疾患」関連する次のすべての項目に異常の所見が認められた場合には、労働者の請求に基づいて、二次健康診断等給付として、「二次健康診断」および「特定保健指導」を受けることができます。

  • (1)血圧の測定
  • (2)血中脂質検査
  • (3)血糖検査
  • (4)BMI(肥満度)の測定

ただし、既に脳血管疾患または心臓疾患の症状を有している場合には、対象外とされます。


1.二次健康診断

次の検査を受診者の負担なく受けることができます。

  • イ. 空腹時血中脂質検査
  • ロ. 空腹時の血中グルコース量の検査(空腹時血糖値検査)
  • ハ. ヘモグロビンA1c検査(一次健康診断において行った場合を除く。)
  • ニ. 負荷心電図検査または胸部超音波検査(心エコー検査)
  • ホ. 頸部超音波検査(頸部エコー検査)
  • ヘ. 微量アルブミン尿検査(一次健康診断において尿蛋白検査の所見が疑陽性または弱陽性である者に限る。)

2.特定保健指導

特定保健指導として、二次健康診断1回につき1回、次の指導を医師から受診者の負担なく受けることができます。

  • イ. 栄養指導
  • ロ. 運動指導
  • ハ. 生活指導

3.請求方法

二次健康診断等給付を受けようとする労働者は、「二次健康診断等給付請求書」(様式第16号の10の2)を作成し、一次健康診断の結果を証明することができる書類を添付し、健診給付病院等を経由して、事業所を管轄する都道府県労働局長に提出する必要があります。

2007年07月02日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: