人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

資格取得時決定

労働者が被保険者の資格を取得した時は、次の方法により算定した額を報酬月額として、標準報酬月額を決定します。

(1) 月、週その他一定の期間により報酬が定められている場合

shikaku_image01.gif

(2) 日、時間、出来高又は請負によって報酬が定められる場合

被保険者の資格を取得した月の前1月間に、その事業所で同様の業務につき、かつ、同様の報酬を受ける者が受けた報酬の額を平均した額

(3) 1、2の方法で算定することが難しい場合

被保険者の資格を取得した月の前1月間に、その地方で同様の業務に従事し、かつ、同様の報酬を受ける者が受けた報酬の額

(4) 1~3の2項目以上に該当する場合には、それぞれについて算定した額を合わせた額

1月1日から5月31日までの間に資格を取得したときは、原則として、この資格取得時決定の標準報酬月額がその年の8月31日まで適用されます。6月1日から12月31日までの間に資格を取得したときは、原則として、翌年の8月31日まで適用されます。

2007年08月20日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: