人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

定時決定

「定時決定」とは、毎年7月1日に在籍する社会保険の被保険者について、同日前3月間(4月・5月・6月)に受けた報酬の総額をその期間の月数で除して得た金額を報酬月額として、標準報酬月額を決定するというものです。

この標準報酬月額の決定には、4月・5月・6月の報酬支払基礎日数が17日以上必要ですので、17日未満の月がある場合には、その月を除いて決定します。

定時決定がされたときは、原則としてその年の9月から翌年8月までの各月の標準報酬月額とされます。

ただし、6月1日から7月1日までの間に被保険者資格を取得した者、7月から9月までの間に随時改定又は育児休業等を終了した際の改定が行われる者については、定時決定を行いません。

teiji_pic.gif

2007年09月21日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: