人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

高年齢雇用継続給付

高年齢雇用継続給付は、原則として60歳時点に比べて75%未満に賃金が低下した状態で働いている、60歳以上65歳未満の一般被保険者に給付金を支給する制度です。

この制度には、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類があります。

1.高年齢雇用継続基本給付金

(1)支給要件
次の要件を満たしたときに支給されます。

  • 60歳以上65歳未満の一般被保険者であること
  • 被保険者であった期間が通算して5年以上あること
  • 60歳時点に比べて75%未満の賃金で雇用されていること
  • 賃金額が支給限度額(平成19年8月~:339,235円)未満であること
  • 育児休業給付・介護休業給付の支給対象となっていないこと

(2)支給額

 

kounenrei_image01.gif(3)支給期間
65歳に達する日の属する月まで支給されます。

2.高年齢再就職給付

(1)支給要件
「高年齢雇用継続基本給付金」の支給要件のほか、離職日の前日における基本手当の支給残日数が100日以上であること、なおかつ、再就職手当を受給していないことが必要です。

(2)支給額
「高年齢雇用継続基本給付金」と同様の方法により、算定されます。

(3)支給期間
基本手当の残日数が200日以上の場合には、再就職日の翌日から2年経過した日の属する月まで、100日以上200日未満の場合には、1年を経過した日の属する月まで支給されます。
ただし、2年(または1年)経過日の属する月が、65歳に達する日の属する月後である場合には、65歳に達する日の属する月まで支給されます。

2007年10月01日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: