人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

老齢基礎年金の額

老齢基礎年金の年金額は、792,100円(2007年度価額)とされています。
この額は、20歳から60歳まで40年間のすべてが保険料納付済期間である者に対して支給される満額の年金額です。

昭和16年4月1日以前に生まれた者は、昭和36年4月1日の国民年金制度が発足された当時、既に20歳以上でしたので、60歳に達するまでの間に40年間国民年金に加入することは不可能となります。また、受給資格期間の25年間も満たせないことも考えられますので、生年月日に応じて、次のとおり短縮措置がとられています。

生年月日 加入可能年数 受給資格期間
大正15年4月2日~昭和2年4月1日 25年 21年
昭和2年4月2日~昭和3年4月1日 26年 22年
昭和3年4月2日~昭和4年4月1日 27年 23年
昭和4年4月2日~昭和5年4月1日 28年 24年
昭和5年4月2日~昭和6年4月1日 29年 25年
昭和6年4月2日~昭和7年4月1日 30年
昭和7年4月2日~昭和8年4月1日 31年
昭和8年4月2日~昭和9年4月1日 32年
昭和9年4月2日~昭和10年4月1日 33年
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日 34年
昭和11年4月2日~昭和12年4月1日 35年
昭和12年4月2日~昭和13年4月1日 36年
昭和13年4月2日~昭和14年4月1日 37年
昭和14年4月2日~昭和15年4月1日 38年
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日 39年
昭和16年4月2日以降 40年

2007年12月05日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: