人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、原則として25年以上の受給資格期間を満たした者が65歳になったときから受けられます。

この25年以上の受給資格期間とは、保険料納付済期間と保険料免除期間の合計、またはこれらに合算対象期間を合計した期間です。

1.保険料納付済期間

保険料納付済期間とは、次の期間のことをいいます。

  • 第1号被保険者期間(任意加入被保険者を含む)のうち保険料を納めた期間
  • 第2号被保険者のうち、20歳以上60歳未満の期間
    (ただし、障害基礎年金については、20歳前の期間及び60歳以後の期間についても保険料納付済期間とされます。)
  • 第3号被保険者期間
  • 昭和61年4月1日前の国民年金の被保険者期間のうち保険料を納めた期間
  • 昭和36年4月1日から昭和61年3月31日までの厚生年金保険・船員保険の被保険者期間及び共済組合等の組合員・加入者期間のうち20歳以上60歳未満の期間
    (ただし、障害基礎年金と遺族基礎年金については、昭和36年4月1日前の期間についても保険料納付済期間とされます。)
rourei_image01.gif

2.合算対象期間

合算対象期間は、年金を受けられるかどうかの受給資格期間にはカウントされますが、年金額には結びつかないため、「カラ期間」とも言われています。

3.保険料免除期間

保険料免除期間は、第1号被保険者にのみ認められたもので、次の期間のことをいいます。

  • 保険料全額免除期間、保険料4分の3免除期間、保険料半額免除期間及び保険料4分の1免除期間を合算した期間
  • 昭和61年4月1日前の国民年金の被保険者期間のうち、保険料の納付を免除された期間

2007年12月05日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: