人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

傷病手当金

病気やけがのため、休業して報酬がもらえないときには、傷病手当金として、標準報酬日額の3分の2が支給されます。

傷病手当金を受けるためには、次の要件を満たしていることが必要です。

  • 療養のためであること
  • 労務不能であること
  • 労務不能の日が継続して3日間あること(3日間の待期期間のあと、4日目から支給されます。)
  • 労務不能のため報酬の支払いがないこと(報酬が傷病手当金の額よりも少ないときには、その差額が支給されます。)

syoubyou.gif

傷病手当金の支給期間は、同一の病気やけがについて、支給を受け始めた日から起算して、1年6ヶ月です。1年6ヶ月とは、暦の上で1年6ヶ月ということで、1年6ヶ月分を支給することではありません。

2008年03月15日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: