人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

療養の給付

健康保険の被保険者が病気やけがをしたときは、健康保険で治療を受けることができます。これを「療養の給付」といい、その範囲は次のとおりです。

  • ア. 診察
  • イ. 薬剤または治療材料の支給
  • ウ. 処置・手術その他の治療
  • エ. 在宅で療養する上での管理、その療養のための世話、その他の看護
  • オ. 病院・診療所への入院、その療養のための世話、その他の看護

治療を受ける際には、健康保険被保険者証を病院など保険医療機関に提出し、診療費の3割(70歳以上の場合は原則2割)を「一部負担金」として支払う必要があります。

区分 割合
(1)原則 3割
(2)70歳以上の者((3)を除く) 2割 *1
(3)70歳以上の現役並み所得者 *2 3割

*1 平成20年4月から平成21年3月までは1割に据え置き

*2 現役並み所得者とは標準報酬月額が28万円以上の者
ただし、被保険者及びその被扶養者(70歳以上の者又は老人保健法の規定による医療を受けることができる者に限る)の収入の合計が520万円(被扶養者がいない者は383万円)に満たない場合は、申請により(2)の者と同じ。

2008年05月01日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: