人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

65歳からの老齢厚生年金

老齢厚生年金は、厚生年金保険の被保険者である人が次のいずれにも該当する場合に支給されます。

  • • 65歳以上であること
  • • 老齢基礎年金の受給資格があること

60歳代前半の老齢厚生年金は、1年以上の被保険者期間が必要であるのに対し、厚生年金保険の被保険者期間は、1ヶ月以上あればよいことになっています。

なお、老齢厚生年金の額は、60歳代前半の老齢厚生年金(報酬比例部分)の計算式による額と同じです。また、65歳から支給される老齢厚生年金の受給権者にも加給年金額が支給されますが、こちらも60歳代前半の老齢厚生年金の加給年金額と同じです。


経過的加算

65歳までに60歳代前半の老齢厚生年金を受けている人は、65歳で失権して、65歳からは老齢厚生年金と老齢基礎年金を受けることになります。60歳代前半の老齢厚生年金のうち、報酬比例部分に相当するものは老齢厚生年金となり、定額部分に相当するものは老齢基礎年金となります。ところが、現在の計算方法では、老齢基礎年金よりも定額部分の年金額のほうが、高くなるケースがあります。このため、65歳からの年金額が減らないように、当分の間、定額部分と基礎年金との差額が支給されることとなりました。これが「経過的加算」です。

 

rourei_image08.gif経過的加算額の計算式は次のとおりです。

rourei_image09.gif

2008年06月15日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: