人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

解雇の手続き

解雇とは、労働契約の終了事由の一つで、使用者から労働契約の中途で解約するものをいいます。解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とされます。

労働者を解雇する場合には、少なくとも30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。この場合、例えば15日前に予告をし、15日分の手当を支払うなど、解雇予告と解雇予告手当を併用することも可能です。

1.解雇予告が除外される場合
次の場合には、解雇予告や予告手当の支払いをする必要がありません。

kaiko_image01[1].gif

2.解雇予告が除外される者
次に該当する労働者は、解雇予告制度の適用がもともと除外されています。

kaiko_image02[1].gif

2008年07月15日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: