人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

遺族厚生年金

遺族厚生年金は、一家の働き手に先立たれたときに、厚生年金保険から支給される年金です。

1.支給要件
遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった人が、次の要件のいずれかに該当したときにその人の遺族に対して支給します。

  • (1)厚生年金の被保険者(失踪の宣告を受けた被保険者であった者で、行方不明となった当時被保険者であった者を含む)が死亡したとき
  • (2)被保険者資格喪失後、被保険者期間中に初診日があった傷病で、初診日から5年以内に死亡したとき
  • (3)障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が死亡したとき
  • (4)老齢厚生年金の受給権者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている者が死亡したとき
  • *(1)(2)については、保険料納付要件を必要とします。遺族厚生年金の保険料納付要件は、障害基礎年金の保険料納付要件の「初診日」を「死亡日」に読み替えただけです。
  • *(1)~(3)までを短期要件、(4)を長期要件といい、両者は年金額の計算式で異なる取り扱いがなされます。
  • *(4)の長期要件に該当する人であって、なおかつ(1)~(3)の短期要件のいずれかに該当する人が死亡した場合は、裁定請求時に遺族から申出がなければ、(1)~(3)の短期要件に該当する人が死亡したものとして取り扱われます。

2.遺族の範囲
遺族厚生年金は、被保険者又は被保険者であった人の死亡当時(失踪宣告の場合は行方不明となった当時)、生計を維持されていた「配偶者」、「子」、「父母」、「孫」又は「祖父母」に対して支給します。

(1)妻

支給要件はなく、子のいない妻に対しても支給。(遺族基礎年金は「子のある妻」のみ)

(2)夫、父母、祖父母

55歳以上であること。ただし、60歳までの間は支給停止。

(3)子、孫

18歳に達する日以後の最初の3月31日までにあるか、20歳未満で障害等級1,2級の状態にある子であって、現に婚姻していないこと

3.年金額
年金額は次のとおりです。

rourei_image15.gif

*報酬比例の年金額は、老齢厚生年金と同様に計算した額

(1)乗率

短期要件:生年月日による読み替えはなく、定率となります。
長期要件:昭和21年4月1日以前生まれの人は、生年月日に応じて乗率が読み替えられます。

(2)被保険者期間

短期要件:300月に満たないときは300月として計算されます。
長期要件:実際の期間で計算されます。

2008年08月01日公開

労務アドバイザーへ相談する
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ

カテゴリ: