人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

労働者災害補償保険法の記事一覧


特別加入制度

労災保険は、本来、労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して保険給付を行う制度ですが、中小事業主等はその業務の実情、災害の発生状況などからみて、一般労働者に準じて保護することが適当であるとされ、任意加入...

2008年04月15日更新

MORE

療養補償給付

<p>業務上負傷し、疾病にかかった場合、まず治療に必要な「療養補償給付」が受けられます。</p><br /><p>療養補償給付には、「療養の給付」(現物...

2007年10月23日更新

MORE

休業補償給付

業務上の負傷や疾病が原因で療養期間中に働けず、給与を受けられない場合には、「休業補償給付」が受けられます。 休業補償給付の支給要件は次のとおりです。 業務上の負傷または疾病により療養していること その...

2007年10月23日更新

MORE

二次健康診断等給付

労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のうち、直近のもの(「一次健康診断」といいます。)において、「脳・心臓疾患」関連する次のすべての項目に異常の所見が認められた場合には、労働者の請求に基づいて、二次健...

2007年07月02日更新

MORE

労災保険

労災保険とは、「労働者災害補償保険」の通称で、労働者が業務上または通勤途上で負傷したり、疾病にかかったり、あるいは死亡した場合に、その労働者や遺族を保護するために必要な保険給付を行う制度です。 事業主...

2007年04月27日更新

MORE

業務災害

業務上の負傷、疾病、障害又は死亡を「業務災害」といいます。業務災害は、原則として「業務遂行性」と「業務起因性」の二つの要件を満たす必要があります。 業務遂行性とは、労働者が労働契約に基づいて事業の指揮...

2007年02月22日更新

MORE

通勤災害

労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害又は死亡を「通勤災害」といいます。 この場合の「通勤」とは、就業に関し、次に掲げる移動を、合理的な経路および方法により行うことをいい、業務の性質を有するものを除...

2007年02月22日更新

MORE
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ