人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

雇用保険法の記事一覧


教育訓練給付

教育訓練給付は、働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする制度です。雇用保険の一般被保険者が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人が教...

2008年05月15日更新

MORE

育児休業給付

育児休業給付とは、1歳(一定の場合には1歳6ヶ月)に満たない子を養育するための育児休業を取得する一般被保険者に対して、給付金を支給する制度です。この制度には、育児休業期間中に支給される「育児休業基本給...

2008年05月15日更新

MORE

高年齢雇用継続給付

高年齢雇用継続給付は、原則として60歳時点に比べて75%未満に賃金が低下した状態で働いている、60歳以上65歳未満の一般被保険者に給付金を支給する制度です。 この制度には、「高年齢雇用継続基本給付金」...

2007年10月01日更新

MORE

介護休業給付

介護休業給付とは、対象家族の介護を行うために介護休業を取得した一般被保険者に対して給付金を支給する制度です。 *「対象家族」に該当する者は、以下の通りです。 被保険者の配偶者 被保険者の父母 被保険者...

2007年10月01日更新

MORE

基本手当の受給要件

1. 受給要件 基本手当は、労働者が失業したときに、求職活動中の生活の安定を図るために支給される給付です。基本手当を受給するためには、次の要件を満たす必要があります。 離職による被保険者資格の喪失の確...

2007年07月09日更新

MORE

事業主が行う主な手続き

事業主は、労働者を雇用したときには「雇用保険被保険者資格取得届」を被保険者となった日の属する月の翌月10日までに届け出る必要があります。 例えば、4/1に労働者を雇用した場合、5/1...

2007年06月14日更新

MORE

雇用保険の被保険者

適用事業に雇用される労働者であって、次に該当する労働者以外は、原則として、雇用保険の被保険者となります。 65歳に達した日以後新たに雇用された者 ...

2007年05月31日更新

MORE

基本手当(失業給付)

基本手当は、一般被保険者が失業した際に支給される雇用保険の給付です。 1.基本手当日額 雇用保険で受給できる1日あたりの金額を「基本手当日額」といいます。基本手当日額は原則として、離職した日の直前6ヵ...

2007年02月20日更新

MORE
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ