人事労務の基礎知識 経営者・人事担当者が知っておくべき基礎知識

TOP >> 人事労務の基礎知識 >>

その他の記事一覧


介護休暇制度

要介護状態にある対象家族の介護を行なう労働者(日々雇入れられる者は除かれます。)は、事業主に申し出ることにより、1年度(原則、毎年4月1日から翌年3月31日まで)において対象家族が1人の場合は5日、2...

2010年05月07日更新

MORE

育児休業の対象となる労働者

「育児休業」を取得できるのは、原則として1歳に満たない子を養育する労働者(日々雇用される労働者を除きます。)です。期間を定めて雇用される者については、申出時点において、次のいずれにも該当すれば育児休業...

2010年05月07日更新

MORE

育児休業の休業期間

育児休業をすることができるのは、原則として、子が出生した日から子が1歳に達する日(誕生日の前日)までの間で労働者が申し出た期間となります。 平成22年6月30日からは、両親ともに育児休業をした場合の特...

2010年05月07日更新

MORE

育児休業・介護休業の申出

労働者は、育児休業または介護休業を取得するときには、事業主に書面で申出る必要があります。申出回数、期間等については、次のとおりです(太字は平成22年6月30日より適用) ...

2010年05月07日更新

MORE

子の看護休暇制度

小学校就学前の子を養育する労働者(日々雇入れられる者は除かれます。)は、事業主に申し出ることにより、1年度(原則、毎年4月1日から翌年3月31日まで)において5日を限度として、子の看護休暇を取得するこ...

2010年05月07日更新

MORE

介護休業の対象となる労働者

「介護休業」をすることができるのは、要介護状態にある対象家族を介護する労働者(日々雇用される労働者を除きます。)です。 *「対象家族」とは、次の者をいいます。 ...

2008年01月21日更新

MORE

介護休業の休業期間

介護休業をすることができるのは、原則として、対象家族1人につき、一の要介護状態ごとに1回、通算して93日を限度として、労働者が申し出た期間となります。 介護休業の期間は、労働者の意思にかかわらず次の場...

2008年01月21日更新

MORE

育児・介護休業法

「育児・介護休業法」とは、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」の略称です。同法では、育児休業と家族休業に関する制度、子の看護休暇に関する制度が設けられているほか、育児...

2007年02月20日更新

MORE
人事労務の基礎知識トップへ
ページの先頭へ