法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第298号

2010年03月15日発行

法報タイムズ 第298号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2010.3.15/vol.298            発行総数:5338部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目 次】

■今月の人事労務相談室
■何でもランキング

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の人事労務相談室
───────────────────────────────────
社員からの時間単位の年次有給休暇の申し出を拒否することができるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【相談内容】

 4月から改正労働基準法が施行されますが、厚生労働省のリーフレットを確
認したところ、「労使協定で定められた時間を単位として年次有給休暇(年休)
を与えることできる」とありました。弊社では労使協定を締結していませんが、
社員から時間単位での年休の申し出があった場合、これに応じなければ法違反
となってしまうのでしょうか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】
 4月から時間単位年休がとれるように法律が改正されるといっても、全ての
企業が時間単位年休を与えなければならない、あるいは社員が時間単位年休を
取ることができるという訳ではありません。時間単位年休を導入するかどうか
は労使の話し合いに委ねられているからです。ただし、導入するのであれば時
間単位年休に関する労使協定を結ぶ必要があります。ちなみに、この労使協定
は、労働基準監督署へ届け出る必要はありません。

労使協定で定めなければならない事項は以下の4つです。

1 時間単位年休の対象労働者の範囲
2 時間単位年休の日数
3 時間単位年休一日の時間数
4 1時間以外の時間を単位とする場合の時間数

 なお、労使協定を結ばずに時間単位年休を与えた場合、法的に年休を与えた
とみなされず、労働基準法で定められた年休の日数を減らすことは出来ません。
例えば、法的に10日間の年休を与えなくてはならない社員に、労使協定を結
ばずに時間単位年休を与えた場合、この時間分を10日間から控除することは
できないということです。

ご質問によりますと、貴社では労使協定を結んでいないとのことですので、
社員からの時間単位年休の申し出を断ったとしても、法違反にはなりません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 何でもランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆─────────────────────────────────◆
     会社に期待する仕事と育児の両立支援ランキング
◆─────────────────────────────────◆

1  事業所内託児所の設置...................................................100.0
2  1年以上の育児休業.........................................................93.9
3  有給休暇をとりやすい社内の雰囲気づくり...........................93.5
4  育児をしやすい社内の雰囲気づくり....................................89.1
5  産休中・育休中の支援金支給.............................................87.8
6  男性の育児休業取得の推進................................................82.3
7  男性の出産休暇取得の推進................................................72.4
7  産休・育休中のフォロー体制づくり....................................72.4
9  産休・育休復帰後の短時間勤務制度の導入...........................71.1
10 産休・育休中の残業免除...................................................68.0

                                                  -gooランキングより

(複数回答有り)
(最も回答数が多かった回答を100とした数値で表記)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。ア
クタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、読者の皆様からメルマガに
関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ