法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第310号

2010年07月15日発行

法報タイムズ 第310号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2010.7.15/vol.310            発行総数:5,289 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目 次】

■給与・社会保険相談Q&A
■オフィスで役立つ!マル得情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■給与・社会保険相談Q&A
───────────────────────────────────
年俸制の場合で、賞与支給日前に退職した社員がいる場合、
年俸制の賞与部分は支給しなくてもいいですか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【相談内容】

 弊社では本年1月より給与制度を改訂し、年俸制を導入しました。
年俸額のうち1/16を月額給与として毎月支給し、4/16を半分ずつ夏季および
冬季賞与として支給することにしました。
 そこで質問です。賞与支給日前に退職した社員がいた場合、
退職後に支給日が到来する賞与は支給しなくてもよいですか。
年俸制導入前の給与制度では、支給日に在籍していない社員へは
支給していなかったので、同様の取り扱いはできますか。


───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 「年俸に含めている『固定賞与』」は、賞与ではなく「支払うことを約束
している『給与』」として扱われるため、支給日前に退職していても
支払いを免れることはできません。

 一般に賞与とは、一定期間の会社の業績や労働者の勤務成績に応じて決まり、
あらかじめ支給額が確定されていないものを言います。
このような一般的な賞与の場合で、「賞与は、支給日に在籍していない者には
支給しない。」と規定していれば、支給日前に退職した社員へ支給する必要は
ありません。
しかし、年俸に賞与が含まれている場合には、この規定は適用されません。

 ご質問のケースでは、年俸を12分割して毎月支給するのではなく、
16分割して2/16ずつを夏と冬にそれぞれ賞与として支給するとなっています。
つまり、「最初から年俸として1年間に支給する額はあらかじめ決まっているが、
支給は月給と賞与に分割して支給する。」ということですので、
名称は賞与でも、実質的には賞与ではなく、「支払うことを約束している給与」
として扱われることになります。

 もちろん、年俸制といえども、ノーワークノーペイの原則があるため、
労働していない日についてまで支給を義務付けられるものではなく、
退職日後の期間にかかる給与および賞与については支給する必要はありません。

 <実際に計算してみましょう!>

 4月30日に退職した社員Aさんは以下の条件のもと働いていました。
 社員Aさんの夏季賞与について計算してみましょう。

 年俸額 480万円
 月給   30万円(1/16)
 賞与  120万円(4/16)

 それぞれの賞与支給日と賞与対象期間は以下のとおりです。

    ┏━━━━┳━━━━━┳━━━━━━━┓
    ┃  賞与  ┃ 支給日 ┃ 対象期間   ┃
    ┗━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━┛
    ┃夏季賞与┃ 6月10日 ┃ 1月~6月   ┃
    ┗━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━┛
    ┃冬季賞与┃ 12月10日 ┃ 7月~12月   ┃
    ┗━━━━┻━━━━━┻━━━━━━━┛

 社員Aさんの夏季賞与対象期間中の在籍期間は1月から4月までの4ヶ月です。

 夏季賞与額60万円(年俸額の2/16)×4/6=40万円
 40万円を6月10日に夏季賞与として支給することになります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オフィスで役立つ!マル得情報
───────────────────────────────────
オフィスで簡単! ダイエット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ダイエットには運動、食事制限など多くのやり方があるかと思います。
ただ、なかなか続けるのが難しいのではないでしょうか。
「オフィスで役立つ!マル得情報」の2回目は、オフィスで簡単にできる
ダイエット「食事制限法」をご紹介します。

<チョコレートで食欲を落とす?>

 チョコレートには血糖値をすばやく上げる働きがあり、
上昇した血糖値が満腹中枢を刺激して食欲を押さえることができるので、
自然と食事の量を抑えることができます。
 食事の20~30分前にカカオ含有量70%以上のチョコレートを食べておくと、
食事の量が抑えられ、無理なく食欲を抑えることができると思います。
 なお、一日に食べる目安の量は板チョコ半分程度がベストですので
食べすぎには気をつけてください。

<チョコレートには便秘解消の働きがある?>

 チョコレートに含まれるタンニンという成分には便秘を予防する働きがあり
ます。さらにチョコレートには豊富な食物繊維が含まれていますので便秘解消
の効果があると言われてます。

 他にも集中力や記憶力を高める働きや、疲労回復の働きもありますので、
食事制限をしていない方も休憩のときにチョコレートを
召し上がってみてはいかがでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、読者の皆様からメルマガ
に関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/ 
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ