法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第332号

2011年02月25日発行

法報タイムズ 第332号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2011.2.25/vol.332              発行総数:5,219 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【目 次】

■今月の人事労務相談室
■今月の健康メモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の人事労務相談室
 ~代休を取る権利に時効はあるのか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさんは「代休」をご存知でしょうか。

 代休とは、休日出勤した後で、その分、他の労働日を休日とする権利を
 労働者に与えることをいいます。

 今回は、この代休の時効について考えてみましょう。

 「振替休日」と「代休」の違いについては、バックナンバーを参照ください。
 

【相談内容】

 当社では、休日出勤を行った社員に対して代休を与えています。
 先日、休日出勤した社員から「代休はいつまで取れるのですか」との
 質問を受けました。
 そもそも、代休を取る権利に消滅時効はあるのでしょうか?

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 就業規則に「休日出勤を行った社員に対しては代休を付与する」とだけ
 規定されており、それ以外に特段の定めがないような場合は、
 代休は取得できるようになった時点から10年で時効消滅します。

 しかし、実務上は就業規則で期間を限定しておくべきでしょう。

1.代休の権利
 代休の権利とは、休日出勤した社員が別の労働日に休むことができる
 権利をいいます。
 しかし、労働基準法には代休に関する定めはないため、
 代休は会社が任意で定める制度と位置づけられます。

2.労働基準法との関係
 代休の権利は、労働基準法で認められているわけではありませんので、
 労働基準法で定める賃金の請求のように2年の時効は適用されません。
 そのため、ここでは民法の定めが適用されます。

3.民法との関係
 民法では「債権は10年間行使しないときは消滅する」と定めています。
 代休の権利もこの債権の一種と考えられることから、会社と社員の間で
 特別な定めがない限り、この規定が適用されます。

4.実務対応
 代休という制度の趣旨を考えると、休日出勤により過労となった社員が、
 1日も早くリフレッシュし、疲労を回復してもらうことに狙いがあると
 考えられます。
 この観点からすると、休日出勤を行った場合の代休取得は
 なるべく早く行うことが望ましく、数か月を経過してからの代休取得は、
 制度の趣旨に合いません。

 したがって、就業規則において

 「休日出勤を行った社員に対しては、代休を取得する権利を付与する。
 代休は無給とするが、休日出勤を行ってから1か月以内に代休を
 取得しない場合には、代休の権利は消滅するものとする」

 といったように、代休を取得できる期間を限定しておくべきです。

 このような定めをしておけば、民法上の消滅時効とは別に、
 代休を取得できる期間を限定でき、疲労からの早期回復という
 代休の趣旨にも合います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の健康メモ
 ~2011年花粉症対策~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 花粉症の方には、ツライ季節がやってまいりました。

 2011年は去年の夏の猛暑の影響で花粉量は、
 例年に比べ非常に多くなると予想がされています。

 環境省の調査によると、関東以北・西日本で2~6倍、東海地方や
 近畿地方の一部では10倍以上となる地域もあるといわれています。

 今号では、花粉症が重症化しないよう花粉症対策についてご紹介します。

【そもそも花粉症って?】

 スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となり、くしゃみ・鼻水などの
 アレルギー症状を起こす病気です。
 「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。
 現在、日本人の4人に1人が花粉症だといわれているようです。

【花粉症対策は?】

 自分でできる花粉症対策と医学療法による対策に分けてご紹介します。

 1.自分で出来る花粉症対策
 ・玄関でシャットアウト
  衣服についた花粉は、家にはいる前にブラッシング等でできる限り
  払うようにして、室内に持ち込まないようにしましょう。

 ・洗濯物、布団に注意
  日中、外に干した洗濯物や布団には花粉が付着しているため、
  寝ている間の症状悪化に繋がります。
  花粉をよく落としてから取り込みましょう。

 ・症状を緩和する食べ物
  以下のような食べ物は花粉症の症状を和らげてくれると言われています。
  是非一度お試し下さい。
  ヨーグルト/シソの葉/甜茶/納豆/花梨 など

2.医学療法による対策
 ・薬物療法
  花粉症治療の中心となる薬による治療法です。
  自分にあった薬を見つけるまでに時間がかかることもありますので、
  早めに受診をして医師に相談しましょう。
  ちなみに受診科は耳鼻科が一般的で、目の症状が強い場合には
  眼科を受診するケースもあるようです。

 ・減感作療法
  花粉症の原因となっている抗原を少しずつ量を増やしながら
  注射していき、抗原に対する反応を弱めていく治療法です。
  2~3年の期間がかかりますが、唯一アレルギーを治す可能性のある
  治療法と考えられています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ