法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第338号

2011年04月25日発行

法報タイムズ 第338号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2011.4.25/vol.338              発行総数:5,201 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆必見!読者プレゼント企画◆
 簡単なアンケートに答えて、人事の仕事に役立つ本をゲット!

 4月23日に弊社新刊『「人事」がわかる引き継ぎのノート』が
 中経出版より発刊されました。
 
 本書は「ベテラン社員が、入ったばかりの新人に、先輩の目線で 
 仕事のキモを伝える『引き継ぎ』ノート」をメインコンセプトに
 とにかくわかりやすく、親しみやすく解説しました。

 発刊を記念して、簡単なアンケートにお答えいただくだけで、
 先着20名様に本書を差し上げます。  
 
 応募フォーム(アンケートフォーム)はこちらから
 https://fofa.jp/actus/a.p/106/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【目 次】

■今月の人事労務相談室
■今月の健康メモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の人事労務相談室
 ~懲戒解雇予告中に自己都合退職した社員の退職金を不支給にできるか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【相談内容】

 先日、重大な不正行為を行った社員に対して懲戒解雇とする処分を下し、
 30日間の解雇予告を設け、5月10日をもって解雇することとしました。

 弊社の退職金規程では、
 「懲戒解雇に該当する行為があったときは退職金を支給しない」
 と定めています。

 しかし、懲戒処分を通知した直後にこの社員から退職届が提出され、
 「解雇日前に自ら退職すれば退職金はもらえるはず」
 と主張してきました。

 懲戒処分を下したものの、解雇日前に自己都合で退職した場合には、
 退職金を支払わなければならないでしょうか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 解雇予告中に社員より退職届が提出され、解雇日前に退職が成立しても
 懲戒解雇事由は消滅しないため、退職金を支払う必要はありません。

<懲戒解雇による退職金不支給>

 懲戒解雇の場合に退職金を不支給とするためには、
 次の2つの要件が必要とされます。

1.退職金規程に不支給とする定めがあること

 退職金は、就業規則(退職金規程)に支給することが定められている場合は
 労働基準法の賃金に該当し、会社には支払い義務が生じます。

 そのため、懲戒解雇の場合に退職金を不支給とするには、
 その旨もあらかじめ退職金規程に定めておかなければなりません。

2.会社に対して重大な背信性(=裏切り)があること

 1のように、退職金の不支給に関する定めがあったとしても、
 当然に退職金をすべて不支給とすることはできません。

 裁判例では、懲戒事由の重大さや過去の貢献度などを考慮して、
 「今までの功労を抹消してしまうほどの背信性があったこと」
 が必要としています。

<今回のケースの場合>

 上記1の要件に照らすと、解雇日前に自己都合退職となったとしても、
 すでに懲戒解雇に該当する行為が判明して処分も決定していますので、
 御社の退職金規程によれば支給しなくてもよいことになります。

 問題は2の要件ですが、今回の不正行為が、会社の財産着服や
 多額の横領といった有罪となるような犯罪行為であれば、
 退職金の不支給も認められる可能性が高いでしょう。

 今回このようなトラブルが起きたのは、退職金規程の不支給条項が
 明確でなかったことも原因の一つです。

 今後、同様のトラブルを避けるためには、
 次のように退職金規程の不支給条項を改定します。

 「懲戒解雇に該当する行為が発覚し、懲戒解雇処分が通知された場合は、
 現に懲戒解雇となったか否かにかかわらず退職金は支給しない」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の健康メモ
 ~体温を1度上げる健康法~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月より新年度が始まりました。
 この時期は環境の変化などにより、体調を崩してしまう方も
 いらっしゃると思います。

 そこで今号は、最近注目されている体温を上げる健康法をご紹介します。

【体温と病気の関係】

 通常、平均体温は36.5度とされ、これより低いと低体温とされます。
 体温が1度低下するとさまざまな病気を引き起こす原因となります。
 例えば、肩こりや冷え性、腰痛、生理痛、便秘、自律神経失調症などです。
 低体温を引き起こす原因としては、次のようなものがあります。

 ・筋肉量の低下
 ・エアコンの普及
 ・ストレス
 ・睡眠不足

 また、体温が1度低下することにより、代謝が約10%下がり、
 免疫力も30%低下するといわれています。

 逆に体温を1度上げることにより、ガン、動脈硬化、アレルギーなどの
 症状が改善され、または予防されることがわかっています。

【体温を上げるには?】

 では、体温を上げるには、どうすればいいのでしょうか。
 簡単にできる例をご紹介します。

1.食事の取り方
 ・できる限り温かい食べ物、飲み物を摂取するように心がける
 ・体温を上げる食材を食べる(生姜・にんにく・梅干・唐辛子・根菜類など)
 ・よく噛んで食べる(ひと口あたり30回)
 ・食べる順番に気をつける(野菜から肉類の順)
 ・緑黄色野菜を食べる(1日5種類以上)
 ・ビタミンが多く含まれるフルーツを皮ごと食べる
  (マンゴー・アセロラ・キーウィフルーツ・ブルーベリー)

2.体温を上げる生活をする
 ・半身浴をする
 ・適度な運動をし、筋肉をつける
 ・ストレッチをし、血行をよくする
 ・マフラーや靴下を履き、なるべく身体を冷やさないようにする
 (特に腹巻は内臓を温めることにより、効果があります)

 皆さんも今日から体温を上げることを意識しながら、
 健康的な生活してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ