法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第353号

2011年09月23日発行

法報タイムズ 第353号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2011.9.22/vol.353              発行総数: 5,153 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【目 次】

■今月の人事労務相談室
■今月の健康メモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の人事労務相談室
 ~採用面接において応募者に尋ねてはいけない質問とは?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【相談内容】

 来年度の新卒採用に向け、面接官を担う社員の指導・教育を始める予定です。
 採用面接において応募者に尋ねてはいけない質問について教えて下さい。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 採用選考における面接時の質問は、法律によって一定の制限があります。
 また、厚生労働省も、就職差別につながる不適切な質問を例示しながら、
 公平な採用選考を実施するよう指導しています。

<法律による制限>

 職業安定法第5条の4および平成11年労働省告示141号により、
 会社は、業務の目的の範囲内で応募者の個人情報を収集することとし、
 原則として以下に掲げる個人情報を収集してはならないとしています。

 ・人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地とその他社会的差別の
  原因となるおそれのある事項
 ・思想および信条
 ・労働組合への加入状況

 ただし、例外として、特別な職務上の必要性が存在するなど、
 業務の目的達成に必要不可欠な場合においては、収集目的を示して
 本人から収集すればこの限りでないとしています。

 また、男女雇用機会均等法第5条では、女性の応募者に対して、
 「結婚や出産をしても働き続けるか」などの質問を禁止しています。
 
<厚生労働省による指導>

 厚生労働省では、応募者の適性・能力以外のことを
 採用選考の基準としないよう指導をしており、以下の事項については
 記載をさせたり、尋ねたりしないよう要請しています。

1.本人に責任のない事項

 ・本籍・出生地
  ※戸籍謄(抄)本や本籍が記載された住民票(写し)を提出させることは
   これに該当します
 ・家族(職業、続柄、健康、地位、学歴、収入、資産など)
  ※家族の仕事の有無・職種・勤務先などや家族構成はこれに該当します
 ・住宅状況(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)
 ・生活環境・家庭環境

2.本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)

 ・宗教
 ・支持政党
 ・人生観、生活信条
 ・尊敬する人物に
 ・思想
 ・労働組合・学生運動
 ・購読新聞・雑誌・愛読書

 以上のように、面接時の質問には、いくつかの制限事項があります。
 面接官の指導・教育にあたっては、面接時の質問リストなどを作成し、
 応募者の適性や能力を判断するのに関係がない質問をしないよう
 十分に注意を促してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の健康メモ
 ~ VDT症候群の症状と予防策 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 皆さんは「VDT症候群」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 「VDT症候群」とは、液晶ディスプレーなどの表示機器を使用した作業を
 長時間行うことで生ずる目や心身の疲労や倦怠感といった症状の総称です。
 別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。

 パソコンやインターネットの普及に伴って、職場でのパソコン作業時間が
 増加したことにより、VDT症候群に悩まされている方も多いのでは
 ないでしょうか。

 そこで今回は、VDT症候群の主な症状と予防策についてご説明します。

 【VDT症候群の主な症状】

 ・目の症状:ドライアイ、充血、痛み、疲れ目、目のかすみ、視力低下
 ・体の症状:首、肩、腕、頭、背中の痛み、しびれ、めまい、吐き気
 ・心の症状:不安感、抑うつ状態、睡眠障害、食欲不振

 【VDT症候群の予防策】

 ・モニターから40センチ以上離れる
 ・目線よりもモニターが下にくるようにする
 ・モニターの輝度・コントラストを下げる
 ・モニターの正面に座る
 ・作業環境の明るさとモニターの明るさの差を少なくする
 ・モニターに外光や照明が移りこまないように調整する
 ・1時間おきに10分程度の休憩をとる
 ・ストレッチをする(肩や首をまわす)
 ・目の疲れを感じたらしばらく目を瞑る
  (少し熱めの蒸しタオルを目にあてるとさらに効果的)
 ・目に良い食品を意識的に摂取する
  (たんぱく質やビタミンを多く含む食品など)

 VDT症候群は、目の疲れから心身の症状を引き起こします。
 これらの予防策を日々の業務において意識的に行うことで、
 ある程度は自分で予防することができます。

 また、メガネやコンタクトが自分の目に合っているかも影響を与えます。
 定期的に確認し、違和感があれば早めに医療機関へ診てもらいましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ