法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第357号

2011年11月04日発行

法報タイムズ 第357号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2011.11.4/vol.357              発行総数:5,142 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【目 次】

■セミナー開催のお知らせ
■知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時
■法改正・労務トピック解説


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『経営者のための労使トラブル対策セミナー』
  ~事例中心 基礎から学ぶ人事労務管理の勘どころ~

 1.いま、現実に発生している労使トラブルの典型事例
 2.万一、社員から訴えられた場合の対処方法
 3.労使トラブルの種-社員が不満に思っていること
 4.労使円満に向けて取り組むべきキーワード

日時:2011年12月9日(金)14時~15時30分(受付:13時30分~)
会場:アクタスマネジメントサービス株式会社 セミナールーム
定員:先着20名
料金:2,000円
特典:「無料 簡易労務診断」

お申込み・詳しい情報はこちらから
http://www.actus.co.jp/knowledge/2011/000641.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時
 ~国民年金第3号被保険者になれる人は誰?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ―Quetion―

次のうち国民年金第3号被保険者として加入できるのは誰でしょうか?

 (イ)夫が会社員で、海外に住んでいる25歳の専業主婦

 (ロ)夫が自営業で、国内に住んでいる30歳の専業主婦

 (ハ)夫が会社員で、国内に住んでいる61歳の専業主婦


※ 解答は、メルマガ後半に掲載しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■法改正・労務トピック解説
 ~最低賃金の基礎知識~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 平成23年10月1日に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県では
 地域別最低賃金の見直しが行われ、東京都は837円にまで引き上げられま
 した。(前年比16円増)
 最低賃金の見直しは、毎年行われ、近年は引き上げの一途をたどっています。
 最低賃金制度を正しく理解していないと、知らず知らずのうちに最低賃金額
 に抵触している可能性もあります。

 今回は、最低賃金制度について、Q&Aを交えながら詳しく説明いたします。

1.最低賃金とは
 最低賃金制度とは、会社が労働者に支払う賃金の最低限度額を定めた制度で、
 最低賃金法に基づき国が決定します。
 
2.最低賃金の種類
 最低賃金には、「地域別最低賃金」と「特定(産業別)最低賃金」の2種類
 があります。
 ・地域別最低賃金は、産業や職種に関わりなく、都道府県内のすべての事業
  所で働くすべての労働者に適用されます。各都道府県で一つ定めるため、
  全国に47種類あります。
 ・特定(産業別)最低賃金は、地域別最低賃金より高い最低賃金を定めるこ
  とが必要と認められる特定の事業または職業について設定される最低賃金
  です。たとえば、東京都の鉄鋼業は時間額846円、神奈川県の塗料製造
  業は時間額865円です。

3.最低賃金を支払っていない場合の罰則
 最低賃金を下回る賃金を支払っていた場合には、次の罰則が適用されます。
・地域別最低賃金違反は、最低賃金法に基づき50万円以下の罰金
・特定(産業別)最低賃金違反は、労働基準法に基づき30万円以下の罰金

4.最低賃金が適用される対象者
 正社員、契約社員、パート、アルバイトなどの雇用形態や呼称に関係なくす
 べての労働者に適用されます。
 また、特定(産業別)最低賃金は、特定産業に従事する労働者に適用されま
 す。但し、18歳未満又は65歳以上の方、雇入れ後一定期間未満の技能習
 得中の方、その産業特有の軽易な業務を行う方には適用されません。

5.最低賃金のチェック方法
 最低賃金は、時間額で定められています。一方、労働者の賃金の支払方法は
 時給制、日給制、月給制とさまざまです。それぞれの賃金額を次の計算式に
 より時間給換算してチェックを行います。

 (1)時間給の場合
    時間給 ≧ 最低賃金額(時間額)
 (2)日給の場合
    日給 ÷ 1日の所定労働時間 ≧ 最低賃金額(時間額)
 (3)月給の場合
    月給 ÷ 1ヶ月平均所定労働時間 ≧ 最低賃金額(時間額)

 なお、具体的なチェック方法については、以下にて確認できます。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/316.html
 
 <最低賃金におけるよくある質問>
Q1.地域別最低賃金と特定(産業別)最低賃金の2つが適用になる場合、ど
 ちらを優先させればよいですか。
A1.どちらか高いほうの最低賃金が適用になります。

Q2.派遣労働者の最低賃金は派遣先と派遣元、どちらの事業所による最低賃
 金が適用になりますか。
A2.派遣先事業所の最低賃金が適用になります。
 派遣労働者の賃金は派遣元事業所から支払われるため、間違い易いですが、
 適用となる最低賃金は派遣先事業所になりますので注意が必要です。

Q3.出来高払い制の場合は、最低賃金の適用はないですか。
A3.最低賃金は、賃金の支払方法にかかわらず、すべての労働者が適用にな
 ります。出来高払い制で支払われる賃金額を当該賃金計算期間の総労働時間
 で除した金額が、最低賃金額以上でなくてはなりません。
 
 平成23年9月30日から11月11日にかけて、全国で地域別最低賃金が
 引き上げられます。毎年見直しの時期には、最低賃金の周知徹底のため、労
 働基準監督署の調査が入りやすくなります。
 最低賃金に抵触していないか、今一度確認をしてみましょう。

「平成23年度地域別最低賃金全国一覧」
 http://pc.saiteichingin.info/table/page_list_nationallist.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ―Answer―

 答えは・・・
((イ)夫が会社員で、海外に住んでいる25歳の専業主婦

 国民年金の第3号被保険者とは、会社員や公務員の夫(または妻)に扶養さ
 れている専業主婦(夫)で、国民年金保険料を支払う必要のない国民年金加
 入者をいいます。 
 第3号被保険者の加入にあたっては、第3号被保険者の居住地や国籍要件は
 なく、具体的には以下のとおりです。
 
 <国民年金第3号被保険者の加入要件>
1.第2号被保険者(会社員や公務員)の配偶者であること
2.第2号被保険者の収入により生計を維持していること
3.20歳以上60歳未満であること
 
 なお、第2号被保険者である配偶者が会社を辞め、第2号被保険者でなくな
った場合には、同時に第3号被保険者の資格も喪失することになります。
 ただし、第3号被保険者の喪失手続きは、第2号被保険者と連動して行われ
 るため、個別の手続きは必要ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ