法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第373号

2012年04月13日発行

法報タイムズ 第373号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.4.13/vol.373              発行総数:5,085 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【目 次】

■給与・社会保険相談Q&A
■オフィスで役立つ!マル得情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■給与・社会保険相談Q&A
 定年後、再雇用社員の社会保険手続き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 いま国会では、「高年齢者雇用安定法改正案」が話し合われています。
 この改正案が可決された場合、
 会社は、60歳で定年を迎えた社員が継続雇用を希望するときは、
 特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢の引上げにあわせ、
 原則として、希望者全員の雇用が義務付けられることになります。

 そこで今回は、定年後、再雇用した場合の社会保険手続き及び
 年齢ごとに注意しなければならない事項について解説します。


【相談内容】

 5月30日に60歳で定年退職し、再雇用制度に基づき、
 6月1日に再雇用を予定している社員がいます。
 再雇用後は、労働日数や労働時間等の労働条件を見直し、
 再雇用契約を締結します。
 社員の再雇用に伴い、社会保険の手続きで何かしなければならないことは
 ありますか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 定年退職後、1日の空白もなく定年前と同様の
 労働時間で働く場合は、社会保険の資格は継続されますが、
 労働日数または労働時間が一般の社員の4分の3未満になる場合は、
 社会保険の資格を喪失することになります。
 また、1週間の労働時間が20時間未満になる場合は、
 労災保険のみ継続され、雇用保険の資格を喪失することになります。

 その他、再雇用に伴い給与減額を行う場合の社会保険手続きと、
 年齢に応じた注意事項や諸手続きについてご紹介します。

 1. 定年後、再雇用したとき
  再雇用に伴い給与を減額したときは、
  社会保険料の標準報酬月額を即時に変更できる特例があります。
  通常、給与の増減に伴い社会保険料の随時改定に該当した社員については、
  給与変更月から4ヶ月経過後に標準報酬月額の見直しを行います。
  しかし、60歳から64歳の間に年金を受ける権利のある社員を
  再雇用する場合、再雇用後の減額された給与額を即時に標準報酬月額に
  できる特例がありますので注意してください。

  この特例に該当する場合、再雇用された日付で、
  社会保険の「資格喪失届」及び同日付の「資格取得届」に
  定年退職であることを証明できる書類を添付して
  年金事務所又は健康保険組合にて手続きを行います。

 2. 60歳以降、給与が減額したとき
  60歳以上65歳未満の社員の給与が、60歳時点に比べて75%未満に
  減額された場合、雇用保険から高年齢雇用継続給付が支給されます。

  給付金の申請にあたっては、初回は「高年齢雇用継続給付支給申請書」へ
  「雇用保険被保険者六十歳到達時等賃金証明書」を添付して
  ハローワークへ届出ます。

  この給付金は60歳から65歳になるまで支給されるもので、
  2ヶ月に1回手続きが必要です。
  2回目以降は、申請の都度交付される「高年齢雇用継続給付支給申請書」
  を届出ます。

 3. 社員が65歳になったとき
  65歳になったときは、必要手続きは特にありませんが、
  給与計算するときの介護保険料と雇用保険料について注意が必要です。

  介護保険料は、65歳以降は年金から天引きされるため、
  給与からの徴収は不要となります。
  よって、「65歳の誕生日の前日が該当する月」からは、
  給与からの徴収を停止して下さい。

  雇用保険料は、64歳に達した日以降の最初の4月1日から保険料徴収が
  免除されます。4月1日に64歳以上の社員がいる場合、
  給与から雇用保険料を徴収していないかの確認を忘れずにして下さい。

 4. 社員が70歳になったとき
  厚生年金保険は70歳で資格を喪失します。
  よって、「資格喪失届」を年金事務所へ届出る必要があります。
  また、その社員が70歳以後も継続して雇用され、
  昭和12年4月2日以降生まれの場合等一定の者には、在職老齢年金制度が
  適用されることになるため「厚生年金保険70歳以上被用者該当届」の
  届出が必要です。

 5. 社員が75歳になったとき
  75歳になったときは、後期高齢者医療の被保険者に該当するため、
  健康保険の「資格喪失届」を年金事務所又は健康保険組合へ届出る
  必要があります。

 このように、60歳以降は年齢に応じてさまざまな手続きが必要になります。
 この機会にご確認いただければと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オフィスで役立つ!マル得情報
  間違えやすい敬語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 4月に新入社員が入社し、職場の雰囲気にも少し慣れて来た頃かと思います。
 今回は、そんな新入社員向けに、間違えやすい敬語についてご紹介します。


【間違えやすい敬語】

  (1)「(来客に)○○様でございますね」
  
   「ございます」は「ある」の丁寧語です。
   「本」や「かばん」など物には使いますが、
    敬意を示す相手には使いません。
    正しくは「○○様でいらっしゃいますね」。


  (2)「(社外からの電話に)○○は本日休みをいただいております」
  
    休みを与えているのは本人の所属する会社です。
   「いただく」が自分の会社に対してへりくだっているため、
    正しくは「○○は本日休みをとっております」。


  (3)「(来客、上司に対し)すみません」
   
   「すみません」は多義語のため、
    ビジネスシーンには相応しくありません。
    正しくは、お詫びなら「申し訳ありません」、
    相手に頼みごとをするなら「恐れ入りますが」。


  (4)「(来客、上司に対し)コーヒーと紅茶どちらにいたしますか」

    謙譲語と尊敬語を取り違えています。
    正しくは「コーヒーと紅茶どちらになさいますか」。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ