法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第374号

2012年04月25日発行

法報タイムズ 第374号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.4.25/vol.374              発行総数:5,086 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【目 次】

■今月の人事労務相談室
■今月の健康メモ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の人事労務相談室
 ~業務委託契約者に労災保険は適用されるか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【相談内容】

 業務委託契約を締結している者が、当社でその日の業務を終了して
 帰宅する際に、階段から足を踏みはずし軽傷を負いました。

 この者との業務委託契約書の条項には、「災害補償」として
 以下のような文言が記載されています。

 「甲(会社)は、乙(業務委託契約者)の委託業務遂行中に起こる
 全ての災害に対して、一切責任を負わない。」

 このような条項があるとはいえ、当社から帰宅中の事故であるため
 直接雇用の社員と同じように労災保険は適用されないのでしょうか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 労災保険は、労働基準法上の「労働者」を対象にしたものです。

 業務委託契約は雇用契約とは異なり、
 労働時間に応じて賃金を支払うのではなく、
 発注した業務が完了した場合に外注費を支払う契約です。

 雇用契約関係にはないため、「労働者」には該当せずに、
 労災保険は適用されません。

 ただし、労働基準法上の「労働者」に該当するかどうかは、
 契約書の名称が「雇用契約」なのか「業務委託契約」なのかという
 形式的なことによってではなく、その実態により判断されます。

 この判断基準としては、以下のようなものがあります。

 1.仕事の依頼、業務従事の指示に対して断る自由があるか
 2.会社が業務の具体的内容、遂行方法を指示し、
   業務の進行状況を本人から報告などにより把握、管理しているか
 3.勤務時間が定められ、本人の自主管理および報告により管理しているか
 4.報酬が、時給・日給・月給など時間を単位として計算されているか
 5.仕事をする上での機器が会社から無償貸与されているか

 これらの要素をもとに、「労働者」性が強いと思料される場合には、
 形式的に「業務委託契約」であったとしても、労災保険が適用される
 可能性があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今月の健康メモ
 ~職場で簡単にできる肩こり予防法~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 パソコン作業などのデスクワークで長時間同じ姿勢をしていると、
 「肩こり」で悩む方も多いのではないでしょうか。
 今回は、そんな方のために簡単にできる肩こり予防法をご紹介します。

【肩こりの原因】
 同じ姿勢や過度の緊張、ストレスなどを受けると、肩甲骨を包む筋肉と
 首を支える筋肉が緊張してきます。
 この緊張状態が長く続くと血液の血行が悪くなり、疲労物質が蓄積され
 それがこりや痛みとなってきます。

【肩こりの症状】
 肩こりは、誰もが経験したことがある症状だと思います。
 首から肩にかけての不快感、頭重感、腕のしびれや気分の重さなどが
 自覚症状として現れます。

【簡単肩こり体操】
 まずは、ぐるぐると肩を回してみましょう。
 左右の肩を同時に回し、前後に何回か回していくと、
 血行がよくなってくるのを体感できると思います。

 続いては、肩を動かさずにできる体操です。
 下あごをゆっくりと前に突き出してみましょう。
 次に、突き出したあごを左右に平行移動させます。

 いかがでしょうか。この他にも肩こりに効く体操は、数多くあります。
 日本人にはおなじみのラジオ体操や柔軟体操にも、
 肩こり解消に有効な動きが多く取り入れられています。
 皆さんが気持ちよく続けられるものを探してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■皆様のご意見をお寄せください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『法報タイムズ』を毎月ご講読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/
■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html
■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。
■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
【運営WEBサイト】
 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ