法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第381号

2012年07月05日発行

法報タイムズ 第381号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.7.5/vol.381              発行総数: 5,041 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 こんにちは。アクタスの片山です。
 「少子高齢化」という言葉も、今ではかなり定着し、いたる所で
 耳にするようになりました。少子高齢化による労働力人口の減少に伴って、
 これまで以上に、女性や高年齢者、そして障害者等の就労促進が
 必要な時代が近づいています。
 今号では、現在国会で審議されている高年齢者に関する法改正の
 動向について紹介していきます。
======================================================================

【目 次】

 ◆アクタスセミナーのご案内◆
  1.2012年7月12日(木)
    「人事担当者が知っておくべき税務のポイント総点検」
  2.2012年7月23日(月)
    「税務会計入門」
  3.2012年7月27日(金)
    「就業規則セミナー」
 
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  傷病手当金の受給はいつまで?

 ◆法改正・労務トピック解説◆
  高年齢者雇用安定法の改正動向について

======================================================================
 ◆アクタスセミナーのご案内◆
======================================================================
 1.2012年7月12日(木)14:00~17:00
   「人事担当者が知っておくべき税務のポイント総点検」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000016.html

 2.2012年7月23日(月)14:00~17:00
   「連結会計入門」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000017.html
 
 3.2012年7月27日(金)14:00~15:00
   「就業規則セミナー」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000018.html


======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  傷病手当金の受給はいつまで?
======================================================================

-Question-

 業務外での病気やケガが原因で会社を休業することになった場合、
 健康保険の傷病手当金は、受給開始後、いつまで受給できるでしょうか?

 (イ)1年
 (ロ)6か月
 (ハ)1年6か月

======================================================================
 ◆法改正・労務トピック解説◆
  高年齢者雇用安定法の改正動向について
======================================================================
 少子高齢化にともなう労働力人口の減少対策として、就労意欲の高い
 高年齢者の就労促進を目指し、現在、「高年齢者等の雇用の安定等に関する
 法律(以下、高年齢者雇用安定法、という)」の改正が
 国会で審議されています。

 高年齢者雇用安定法は、少子高齢化の進展や、公的年金の受給開始年齢の
 引上げ等に対応するため、会社に対し、定年年齢の引上げや
 再雇用制度などの継続雇用制度の導入を義務付け、高年齢者の
 働く機会の拡大を目的として定められた法律です。

 現在審議されている改正案のポイントは、会社に義務付けている
 就労機会の確保措置の更なる強化にあります。
 具体的な改正項目を見ていきましょう。

1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止
  これまでは、労使協定等で継続雇用制度の対象基準を設けることにより、
  会社が対象者を限定することが可能でしたが、今後は、原則として、
  継続雇用を希望する社員全てに対して、継続雇用が義務付けられることに 
  なります。
 
2.継続雇用制度の対象範囲の拡大
  社員を継続雇用する場合、自社だけでなく、グループ会社も継続雇用先に
  含めて検討することが可能となります。
  これは、上記1の改正事項である希望者全員の継続雇用を実現する
  ための措置でもあり、継続雇用先の選択肢が拡大することになります。
 
3.義務違反の企業名公表
高年齢者雇用確保措置義務に対する行政の勧告が行われた場合で、
  その勧告に従わなかったときは、会社名が公表されることとなります。

 今後、少子高齢化による将来的な若年層の労働力不足は、
 より深刻さを増していく可能性があります。
 改正案は現在も審議中のため、未だ結論は出ておりませんが、
 改正案の成否にかかわらず、高年齢者の知識や経験を十分に活用できる
 組織づくりを検討していく必要があるでしょう。

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
======================================================================

-Answer-

 (ハ)1年6か月 です。

 傷病手当金とは、業務外の病気やケガにより休業し、給与が受けられない間、
 被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた健康保険給付です。

 傷病手当金を受けることができる期間は、受給を始めた日から起算して
 継続して1年6か月間です。つまり、この期間中に一旦復職し、
 同一の傷病を理由として再度休業した場合であっても、
 初めの受給開始日からカウントして継続1年6か月間が限度となります。
 1年6か月分の給付が受けられるわけではありませんので、注意が必要です。
 
======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ