法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第383号

2012年07月25日発行

法報タイムズ 第383号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.7.25/vol.383              発行総数:5,035 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 こんにちは。アクタスの坂本です。
 気候の変動が激しく、自然災害も多発している今日この頃ですが、
 皆さん、万一の備えは万全でしょうか。
 私も先日、通勤途中の駅構内で、雨に濡れた階段を降りるときに
 足が滑って転びそうになり、ヒヤッとしました。
 もしも怪我をしていていれば、労災保険の「通勤災害」として
 治療が無料で受けられるところですが、
 労災保険に加入できない役員の方はどうすればよいのでしょうか。
 今号では、通常は労災保険に加入できない役員の方のための
 労災保険の特別加入についてご説明いたします。

======================================================================

【目 次】

 ◆セミナーのご案内◆
  1.2012年8月2日(木)
   「TKC連結納税事例発表セミナー(大阪会場)」
  2.2012年8月10日(金)
   「TKC連結納税事例発表セミナー(福岡会場)」
  3.2012年8月10日(金)
   「就業規則セミナー[追加開催]」
 
 ◆今月の人事労務相談室◆
  役員の労災保険への特別加入の要件と給付内容は?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー


======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 1.2012年8月2日(木)14:00~17:00
  「TKC連結納税事例発表セミナー(大阪会場)」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000019.html

 2.2012年8月10日(金)14:00~17:00
  「TKC連結納税事例発表セミナー(福岡会場)」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000020.html

 3.2012年8月10日(金)14:00~15:00
  「就業規則セミナー[追加開催]」
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000021.html


======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  役員の労災保険への特別加入の要件と給付内容は?
======================================================================

【相談内容】

 当社の役員は、労働者と同じように営業で外に出ている機会も多いため、
 業務中に事故があった場合、労災保険の適用外のままでは不安があります。
 役員でも加入できる労災保険があると聞きましたが、
 加入要件や給付内容はどのようなものでしょうか。
 なお、当社は保険業で、労働者数は約15名です。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 役員は労働者ではないため、通常は労災保険には加入できませんが、
 中小企業の役員については、任意で加入できる特別加入制度があります。

1.加入要件
 労働者数が一定の人数以下でないと、特別加入できません。
  金融業・保険業・不動産業・小売業・・・常時50人以下
  サービス業・卸売業・・・・・・・・・・常時100人以下
  上記以外の他の業種・・・・・・・・・・常時300人以下

2.給付内容
 特別加入者は、基本的に通常の労働者と同じ給付が受けられます。
 詳細はこちらを参照ください。
 http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/040324-5-08.pdf

 休業時の収入補償などは、労働者は賃金に基づいて計算されるのに対し、
 特別加入者は申請に基づく「給付基礎日額」を用いて計算されます。
 給付基礎日額は賃金にかわるもので、最低3,500円から
 最高20,000円の間で、特別加入者が自由に選択できます。

 この給付基礎日額が高いほど、受けられる補償額が大きくなりますが、
 その一方で保険料も高くなります。
 保険料は、給付基礎日額と業種ごとの労災保険料率で決定されます。
 例えば、今回のケースでは次のようになります。

  給付基礎日額・・・20,000円(最高額の場合)
  労災保険料率・・・2.5/1,000(保険業の場合)
  年間保険料・・・・18,250円
  (20,000円×365日×2.5/1,000)

3.ご質問のケースでの加入可否
 今回は1.の要件を満たしますが、申請するには「労働保険事務組合」に
 労働保険の事務処理を委託する必要があります。
 労働保険事務組合とは、会社が行うべき労働保険の事務手続きを
 代わりに一括して処理する厚生労働大臣の認可を受けた団体です。
 特別加入の申請は、労働保険事務組合を通じて行うことになります。

4.特別加入における注意点
(1)労働者として業務に従事中の事故のみが対象となります。
 例えば、役員が「営業部長」のように労働者としての肩書きも持ち、
 その営業活動中に起きた業務災害がこれに該当します。
 役員としての業務を行っている間に起きた事故は対象となりません。

(2)過去に遡っての加入ができません。
 特別加入は、労働局に加入が承認された日から適用されます。
 承認前に発生した事故については、遡って適用されません。

 役員であっても業務中にいつ事故が起こるかわかりません。
 万が一に備えて、特別加入をご検討ください。


======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

 【10日】

 ・前月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (公共職業安定所)
  http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/koyouhoken/

 ・源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2505.htm

 【31日】

 ・社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1995

 【その他チェック事項】

 ・8月の月額変更届の該当者確認および届出書作成、提出
  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2054

 ・8月より雇用保険の基本手当日額の変更
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate-02.pdf

 ・8月より雇用保険の雇用継続給付支給限度額の変更
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate-03.pdf

 ・お中元のお礼状発送(東日本は7月中)

 ・節電に向けたオフィス環境や社員の健康管理対策の検討


======================================================================
 ◆読者プレゼント企画当選のお知らせ◆
======================================================================

 この度は、「法報タイムズ」の読者プレゼント企画へのご協力、
 誠にありがとうございました。
 たくさんの方々よりアンケートをいただき大変感謝しております。

 厳正な抽選の結果、当選者の方につきましては発送の手続きを行いました。
 今後とも読者の皆様に役立つ情報提供に努力してまいりますので、
 よろしくお願い申し上げます。


======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ