法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第390号

2012年10月05日発行

法報タイムズ 第390号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.10.5/vol.390              発行総数:4,966 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

こんにちは。アクタスの片山です。

労働契約法の改正法案が8月10日に公布されました。
今回の改正は、これまでの有期労働契約の活用方針の転換も生じうる、
大きな改正となっています。
今号では、改正法案と厚生労働省の通達から、改正のポイントを解説します。

======================================================================

【目 次】

 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  育児休業給付を受給するための要件とは?

 ◆法改正・労務トピック解説◆
  労働契約法改正のポイント

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー
   年末調整の実務のポイント総点検 
   2012年10月10日(水)【東京】
  
   過年度遡及会計基準と税務
   2012年10月22日(月)【東京】

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  育児休業給付を受給するための要件とは?
======================================================================

-Question-

 雇用保険の育児休業給付金を受給するためには、育児休業に入るまでに
 何ヶ月以上勤務しなければいけないでしょうか。

 (イ)3ヶ月
 (ロ)6ヶ月
 (ハ)12ヶ月

======================================================================
 ◆法改正・労務トピック解説◆
  労働契約法改正のポイント
======================================================================
 今回、公布された労働契約法改正の骨子とポイントを見ていきましょう。

1.無期労働契約への転換 【施行日:8月10日から1年以内】
  有期の労働契約期間が、反復更新により通算5年を超える場合、
  労働者の申し込みにより、無期の労働契約に自動的に転換されます。

 1)無期への転換は、本人の申し込み時点で、会社は承諾したものと
   みなされます。

 2)通算期間には「クーリング期間」が定められています。
   2つの有期労働契約の間に「6ヵ月以上」の空白期間がある場合、
   その空白期間より前の有期労働契約は通算されません。

 3)通算5年のカウントは、施行日以後に開始される有期労働契約が
   対象となります。

 4)転換を希望する労働者は、通算期間が5年となる有期労働契約の、
   初日から満了日までの間に申し込みをする必要があります。

 5)4)で申し込みをしなかった場合でも、有期労働契約が5年を超えて   
   さらに更新される場合には、更新された労働契約の都度、労働者には
   申し込みをする権利が発生します。

 6)無期労働契約への転換は、「期間の定め」のみを変更するものであり、
   賃金等、他の労働条件を変更する義務までは生じません。

2.「雇い止め法理」の法定化 【施行日:8月10日】
  これまでの最高裁判所の判決で確立していた「雇止め」に関する
  判例法理を法律条文で規定したものです。
 
 次の事由に該当する雇止めが、客観的に合理的な理由を欠き、
 社会通念上相当であると認められないとき、その雇止めは無効となります。

 a.有期契約が反復更新されてきたことにより、会社が雇止めをすることが、
  解雇と社会通念上同視できる場合
 b.労働者が、その有期契約が更新されるものと期待することについて、
  合理的な理由が認められる場合

3.不合理な労働条件の禁止 【施行日:8月10日から1年以内】
  「期間の定めがあること」を理由に、無期契約労働者と有期契約労働者の
  労働条件に不合理な相違を設けることを禁じています。

 1)すべての労働条件に適用されます。

 2)職務の内容、職務の責任程度、配置変更の範囲等を考慮して、
   不合理か否かは判断されます。
 
 3)通勤手当、食堂の利用、安全管理について労働条件を相違させることは
   特段の理由がない限り、合理的とは認められません。

 改正のポイントを正しく理解し、今後の有期契約労働者の活用における、
 会社の基本方針の確認、再検討をしていきましょう。

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
======================================================================

-Answer-
 (ハ)12ヶ月

 育児休業給付金を受給するためには、11日以上賃金支払いのあった月を
 1ヶ月とし、育児休業開始前2年間に通算12ヶ月以上が必要です。
 
 また、育児休業給付の対象となる「休業」とは、次の要件を満たしたものを
 いいます。

 (1)1ヶ月の就業日数が10日以下であること
   業務の都合などで一時的に就業する場合に注意が必要です。
 
 (2)休業前賃金の8割以上が支払われていないこと
   
 なお、育児休業給付金の1日あたりの受給額は、以下の計算式によって
 算出されます。

 1日あたりの受給額=休業開始前6か月の給与÷180日×50%

 つまり、およそ給与1日分の半額です。

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================
 提携セミナー
  2012年10月10日(水)13:30~17:30
  スーパーストリーム株式会社 主催 
  年末調整の実務のポイント総点検【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000028.html

  2012年10月22日(月)14:00~17:00
  スーパーストリーム株式会社 主催
  過年度遡及会計基準と税務【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/knowledge/2012/000029.html

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ