法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第398号

2012年12月25日発行

法報タイムズ 第398号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2012.12.25/vol.398              発行総数: 4,922 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 今年10月の改正労働者派遣法の施行から、もうすぐ3ヶ月が経過します。
 今回の改正では、派遣社員の保護が強化されましたが、
 派遣社員は、雇用主が派遣元、就業場所は派遣先という特殊関係にあるため、
 法令の適用をめぐっては例外的に扱われることがあります。
 今号では、安全衛生法の適用に関する相談事例を取り上げます。
                             (片山 力)

======================================================================

【目 次】

 ◆今月の人事労務相談室◆
  派遣社員は産業医選任基準の常時使用労働者に含めるか?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  1月のお仕事カレンダー

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー
   「ゼロから考える人事評価制度見直しのポイント」
   2013年1月25日(金)

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  派遣社員は産業医選任基準の常時使用労働者に含まれるか?
======================================================================

【相談内容】

 会社は、事業所ごとに常時使用する労働者が50人以上となったら、
 産業医を選任する必要があると耳にしました。
 当社の社員数は現在48人ですが、派遣社員を5人受け入れており、
 派遣社員を足すと50人以上となります。

 派遣社員は、産業医選任基準の労働者に含まれるのでしょうか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】


 産業医の選任基準である常時50人以上をカウントするにあたっては、
 派遣先では、受け入れている派遣社員を含めて判断する必要があります。

 派遣社員は、派遣元(派遣会社)と雇用契約を締結しているため、
 一般に労働法令における義務は雇用主である派遣元に課されます。
 しかし、日常の業務指示は、派遣先より行われる関係にあるため、
 派遣先が関与しなければ、派遣社員の職場での安全は確保されません。

 そこで、労働者派遣法は、安全衛生法の適用に関して特例を設けており、
 派遣元だけでなく、派遣先においても、派遣社員を会社が使用する労働者とみなし、
 産業医の選任基準にあたっては派遣元・先の両方でカウントします。

 ご質問のケースでは、直接雇用の社員は常時50人に到達していませんが、
 派遣社員を含めると50人以上となり、産業医の選任が必要となります。

 なお、産業医のほかにも、同じように常時50人以上で設置義務が生じる
 衛生管理者や衛生委員会でもこの特例が該当しますので注意してください。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  1月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

【1月10日】

・12月入社の雇用保険資格取得届の提出
(公共職業安定所)

・12月分源泉所得税・住民税の納付
(郵便局または銀行)

【1月21日】

・7月~12月までの源泉所得税の特例納付

【1月31日】

・12月分社会保険料の納付
(郵便局または銀行)

・労働保険概算保険料の第3期分の納付(口座振替を利用しない場合)
(郵便局または銀行等)

・労働者死傷病報告の提出(休業4日未満の10月~12月分の労災事故)
(労働基準監督署)

・法定調書(源泉徴収票・報酬等支払調書・法定調書合計票)の提出
(税務署)

・給与支払報告書の提出
(市区町村)

 ■その他チェック事項■

・平成25年1月から源泉徴収
 給与所得控除に関する改正および復興特別所得税を含んだ税額表に変更されます。
 変更内容の詳細はバックナンバーにてご確認ください。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2012/12/397.html

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================
 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 「懲戒処分として賞与の一部を不支給とすることはできますか?」

 回答は、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2012/12/qa-20121210.html

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

  提携セミナー
   スーパーストリーム株式会社 主催 
   「ゼロから考える人事評価制度見直しのポイント」
   2013年1月25日(金)15:00~17:00
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   https://ssedu.smartseminar.jp/public/seminar/view/887

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ