法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第403号

2013年02月15日発行

法報タイムズ 第403号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2013.2.15/vol.403              発行総数:4,884 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 こんにちは。

 人事担当者は、年末調整、法定調書や給与支払報告書の提出を終え、
 一段落している時期かと思います。

 今号では、住民税を特別徴収している社員が退職する場合の
 住民税処理の方法について解説します。

                        (遠藤 香緒利)

======================================================================

【目 次】

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  退職時の住民税について

 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第8号 社員の健康管理
  花粉症

 ◆セミナーのご案内◆
 1.アクタスセミナー
  「平成25年度税制改正セミナー」
  2013年2月20日(水)【大阪】

  「平成25年度税制改正セミナー」
  2013年2月21日(木)【東京再追加開催】

  「金融円滑化法の期限切れに備える経営改善報告書の作り方」
  2013年3月1日(金)【東京追加開催】

 2.提携セミナー
  「経理部管理者・担当者のための実務解説」全2回
  第2回 法人税申告書作成の実務2
  2013年2月18日(月)【東京】

  「やさしく楽しく学べる経理実務マスター講座」
  2013年2月26日(火)【東京】

  「派遣・請負、非正規社員の活用と労務管理のポイント総点検」
  2013年3月7日(木)【東京】

  「事業計画と回収可能性を確認する税効果会計」
  2013年3月28日(木)【東京】

====================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  退職時の住民税について 
======================================================================
【質問】

 住民税を特別徴収している社員が2月末日で退職予定ですが、
 転職先がまだ決まっていないようです。

 退職日が1月以降の場合、原則として最後に支給される給与から
 5月までの残額を一括徴収しなければならないと思いますが、
 最後の給与額が一括徴収額より少なく、控除しきれない場合は
 どうすればいいでしょうか。

───────────────────────────────────

【回答】

 住民税を特別徴収している社員が退職する場合、
 退職した翌月から5月分までの残額を、原則として、
 一括徴収又は普通徴収の方法により納付することになります。
 
 ただし、退職する時期により、次の処理方法があります。

 1、退職日が6月~12月の場合
  次の3つの方法があります。
 (1)転職先で特別徴収を継続する
 (2)社員の希望により、残額を一括徴収する
 (3)普通徴収へ切り替えて、社員自身で納付する
  
 2、退職日が1月~5月の場合
  次の2つの方法があります。
 (1)転職先で特別徴収を継続する
 (2)残額を一括徴収する
  ※原則、普通徴収への切り替えは選択肢にありません。

 ご質問の社員さんは、退職日が2月末日かつ転職先が決まっていないという
 ことですので、上記2の(2)の方法になります。

 ただし、最後の給与から5月までの残額を一括徴収しきれない場合に限り、
 例外として普通徴収として処理し、社員に直接納めてもらうこともできます。

 なお、退職金の支給がある場合は、退職金から残額の住民税を徴収すること
 もできますので、その場合、社員と相談のうえ処理するようにしてください。

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第8号 社員の健康管理
  花粉症対策
======================================================================

 今年も花粉症の季節が近づいてきました。

 花粉症は、新たな国民病とも呼ばれ、厚生労働省の調査によれば、
 日本国民の約30%が花粉症であると言われています。
 
 花粉症がひどくなると社員の作業効率や集中力が低下するため、
 会社としても放っておくわけにはいきません。

 そこで、衛生委員会では、会社と協力し花粉症の予防策等について
 ポスター等で周知するとともに、社員の健康や職場環境の改善を推進して
 いくことが大切です。

 【ポスター等で周知する内容例】
  ・花粉の種類や症状について
  ・飛散時期について
  ・外出時のマスクの着用について
  ・外出後に衣服や髪に付いた花粉を払ってからの入室について

 【会社としての対策例】
  ・マスクを配布する
  ・窓を開けない
  ・空気清浄器や加湿器を設置する
 
 また、社員自身においても次のような対策を講じてもらうと、
 さらに花粉症の予防に有効と言えます。

 【自分でできる花粉症対策】
  ・花粉情報を注意深く意識する
  ・飛散が多い時は洗濯物や布団を外に出さないようにする
  ・症状を緩和する食べ物を摂るようにする
  ・規則正しい生活をする
 
 なお、個人の花粉症対策については、バックナンバー368号を参照して
 ください。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2012/02/368.html
 
======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 1.アクタスセミナー
  「平成25年度税制改正セミナー」
   2013年2月20日(水)14:00~15:30【大阪】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000008.html
 
  「平成25年度税制改正セミナー」
   2013年2月21日(木)14:00~15:30【東京再追加開催】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000011.html
 
  「金融円滑化法の期限切れに備える経営改善報告書の作り方」
   2013年3月1日(金)14:00~16:00【東京追加開催】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000010.html
 
 2.提携セミナー
   スーパーストリーム株式会社 主催
  「経理部管理者・担当者のための実務解説」全2回
    第2回 法人税申告書作成の実務2
 2013年2月18日(月)14:00~17:00【東京】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000004.html

  みずほ総合研究所 主催
  「やさしく楽しく学べる経理実務マスター講座」
    2013年2月26日(火)10:00~17:00【東京】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000001.html

 スーパーストリーム株式会社 主催
  「派遣・請負、非正規社員の活用と労務管理のポイント総点検」
   2013年3月7日(木)15:00~17:00【東京】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000013.html

  スーパーストリーム株式会社 主催
  「事業計画と回収可能性を確認する税効果会計」
   2013年3月28日(木)14:00~17:00【東京】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/knowledge/2013/000012.html

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ