法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第407号

2013年03月25日発行

法報タイムズ 第407号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2013.3.25/vol.407              発行総数:4,867 部

   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
   ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
   ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 メンタルヘルス不調による長期休職者が増え続けています。
 休職者は在籍しながら労働義務が免除される特殊な身分にあるため、
 休職期間の取り扱いにあっては、注意を要することがあります。
 今号では、直近で復職した社員への有給休暇の付与について解説します。
                             (片山 力)

======================================================================

【目 次】

 ◆今月の人事労務相談室◆
  直近で復職した者にも年次有給休暇を付与しなければならないか?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  4月のお仕事カレンダー

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 ◆セミナーのご案内◆

 提携セミナー
  「2013年度労働保険『年度更新』の実務ポイント総点検」
  2013年4月10日(水)【東京】

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  直近で復職した者にも年次有給休暇を付与しなければならないか?
======================================================================

【相談内容】

 私傷病により8ヵ月間休職をしていた社員が、3月1日付で復職しました。
 弊社では、毎年4月1日を基準日として年次有給休暇を付与していますが、
 復職後の年次有給休暇はどのように扱えばよろしいでしょうか。

───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 今回のご質問は、年次有給休暇(以下、年休)を付与するにあたり、
 直近の休職期間をどのように扱うのかが問題となります。

 年休は、直近1年間の出勤率が8割以上の場合に与える義務があり、
 出勤率は出勤日数を全労働日で割って計算します。

 ここでの全労働日とは労働義務がある日を指します。
 休職とは、病状回復などを目的に会社が任意で労働を免除する制度であり、
 休職期間は全労働日には含まれないものと考えられます。
 また、当然のことながら、休職中は出勤することもありませんので、
 休職期間は出勤日数にもカウントされません。

 結果的に出勤率の判定にあたっては、休職期間は出勤日数と全労働日の
 どちらからも除外して計算することになります。

 したがって、ご質問のケースでは、8ヵ月間の休職期間を除外して、
 残りの期間の出勤率が8割以上あれば、通常通りを付与する必要があります。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  4月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

【4月10日】

・3月入社の雇用保険資格取得届の提出
(公共職業安定所)

・3月分源泉所得税・住民税の納付
(郵便局または銀行)

【4月30日】

・3月分社会保険料の納付
(郵便局または銀行)

・労働者死傷病報告の提出(休業4日未満の1月~3月分の労災事故)
(労働基準監督署)

 ■その他チェック事項■

・改正労働契約法の施行
 4月以降に締結・更新する有期労働契約から無期労働契約の転換を判断する
 通算5年のカウント対象となります。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2012/10/390.html

・改正高年齢者雇用安定法の施行
 原則として希望者全員を65歳まで継続雇用する必要があります。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2013/01/399.html

・障害者の法定雇用率の引き上げ
 法定雇用率が1.8%から2.0%に引き上げられます。これによって、
 常時雇用する労働者50名あたり1名の障害者を雇用する必要があります。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2013/03/405.html

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 「第1子の育児休業中に第2子を妊娠した場合、育児休業と産前休業の
  どちらを選択するのが給付面で得ですか?」

 回答は、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2013/03/qa-20130319.html

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 提携セミナー
   スーパーストリーム株式会社 主催 
   「2013年度労働保険『年度更新』の実務ポイント総点検」
   2013年4月10日(水)13:30~17:30【東京】
   詳しい内容、お申込みはこちらから↓
   https://ssedu.smartseminar.jp/public/seminar/view/890

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ