法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第421号

2013年08月15日発行

法報タイムズ 第421号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2013.8.15/vol.421              発行総数:4,780 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 こんにちは。

 

 先月、全国に先駆けて東京都で、「東京都自転車の安全で適正な利用の促進
 に関する条例」が施行されました。
 自転車は、環境負荷もなく、健康管理にも役立つ交通手段であり、
 通勤通勤を認めている会社も多いと思います。

 

 しかし、自転車に関する事故の多発、一部の自転車利用者による危険な運転、
 放置自転車等が社会的な問題となっており、自転車の安全で適正な利用を
 社会全体で促進することを目的に東京都がこの条例を制定しました。

 

 今号のQ&Aでは、自転車で通勤途中、事故に遭った場合の給付について
 記載していますので、ご参考にして下さい。

 

                       (遠藤 香緒利)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  通勤災害にかかる一部負担金の徴収

 

 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第15号 衛生委員会の活性化
 
 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー
  「資金繰りの考え方とキャッシュ・フロー計算書の作成」
  2013年8月20日(火)【東京】
 
  「法人税申告実務の基礎」
  2013年8月23日(金)【大阪】

 

  「給与計算の実務ポイント」
  2013年9月6日(金)【東京】

 

  「消費税実務セミナー」
  2013年9月10日(火)【大阪】

 

  「固定資産の会計・税務の基礎知識」
  2013年9月13日(金)【東京】

 

======================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  通勤災害にかかる一部負担金の徴収
======================================================================

 

【質問】

 

 当社では自転車通勤を認めており、今回、自転車通勤している社員が
 通勤途中に転倒し、1ヶ月休業したため休業給付の請求手続きを行いました。
 その社員より、「休業給付等支給決定通知が届いたが200円が減額されて
 いるがこれは何か。」と連絡がありました。
 労災保険の給付は自己負担がないと思っていましたが、
 この200円は何なのでしょうか。

 

───────────────────────────────────

 

【回答】
 
 お問い合わせの200円は、一部負担金相当額です。
 
 労災保険の給付は、使用者の災害補償責任を担保するのが原則であるため、
 保険料は全額事業主負担となっています。

 

 しかし、通勤災害は、業務災害と異なり事業主の支配下、管理下で発生する
 ものではなく、事業主にその防止責任を問えないものと判断され、
 通勤災害に関する療養給付を受ける労働者から費用の一部を負担することが
 公平の見地から妥当であるという考えで、一部負担金相当額が徴収されます。

 

 ただし、次の者については、一部負担金の適用はありません。

 

 1. 第三者行為災害で療養給付を受ける者
 2. 療養の開始後3日以内に死亡した者等
 3. 同一の通勤災害で既に一部負担金を納付した者

 

 そして、一部負担金については、受給者および事務処理の便宜を考慮して、
 療養給付を受ける労働者に支給する休業給付については、
 一部負担金相当額を減額して支給することとされています。
 このため、これらの者については、改めて一部負担金の徴収は行われません。

 

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第15号 衛生委員会の活性化
======================================================================

 

 衛生委員会は労働安全衛生法に定められている唯一の調査審議する場であり、
 毎月定期的に実施しなければなりません。
 しかしながら委員会の内容が報告のみとなったり、
 議題や発言者がいつも同じパターンとなったりと委員会が形骸化してしまう
 ケースが多くあります。

 

 今号では、衛生委員会を活性化させるためのポイントについてお話します。

 

【衛生委員会を活性化させるポイント】

 

(1)年間活動計画を策定する
 衛生委員会は報告事項も大切ですが、審議することがより重要な機能です。
 新年度が始まる前に年間活動計画を策定し、各月に審議する事項を予め
 決めておくことが大切です。
 そうすることより報告だけでなく審議をする機能を持った衛生委員会の
 運営ができるようになるでしょう。

 

(2)委員会の事前準備
 衛生委員会で審議する内容が決まったら、開催日を連絡するとともに
 各委員に対して事前に資料を配布した上で、特に審議が必要な事項の趣旨や
 ポイントについて事前に説明し、委員会での発言を促します。

 

(3)議長のリーダーシップ
 衛生委員会を開催する前に議長が独断で進行することを防止するために、
 事務局と議長で事前打ち合わせをするとともに、発言の少ない委員へ発言を
 促すことを依頼します。

 

(4)委員への教育
 委員会が形骸化してくると、委員の出席率も悪くなります。
 欠席する場合は代理人を出席させる等、ルールを明確にしておきます。
 また、衛生委員会の重要性を教育し、委員に理解してもらうことが大切です。

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

  提携セミナー
  スーパーストリーム株式会社 主催
  2013年8月20日(火)13:30~16:30【東京】
  「資金繰りの考え方とキャッシュ・フロー計算書の作成」
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/200.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  2013年8月23日(金)13:00~17:00【大阪】
  「法人税申告実務の基礎」
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/202.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  2013年9月6日(金)13:30~16:30【東京】
  「給与計算の実務ポイント」
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/224.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  2013年9月10日(火)14:00~17:00【大阪】
  「消費税実務セミナー」
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/225.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  2013年9月13日(金)13:00~16:00【東京】
  「固定資産の会計・税務の基礎知識」
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/226.html

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを用いて行う行為については、
 一切責任を負いませんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ