法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第444号

2014年04月04日発行

法報タイムズ 第444号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2014.4.4/vol.444               発行総数:4,729 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

こんにちは。
4月1日、新たな社会人を迎える入社式が各会社で行われたことと思います。
新入社員を迎え、研修や配属など、人事担当者様においては
まだまだ先が長いと思いますが、頑張って頂きたく思います。
さて、そんな4月のタイミングで質問を多くいただく、
健康保険率・介護保険率の変更についてお伝えいたします。

                            (熊田 洋平)

======================================================================

 

【目 次】

 
 ◆セミナーのご案内◆

 

  提携セミナー
 
  「やさしく楽しく学べる「経理実務」マスター講座」
   2014年4月25日(金)【東京】

 

  「はじめて学ぶ経理実務入門(全6回)」
   2014年5月7日(水)【東京】

 

  「やさしく楽しく学べる「経理実務」」
   2014年5月23日(金)【高知】

 

  「海外派遣社員、出張者をめぐる日本における税務」
   2014年5月28日(水)【東京】

 

 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  雇用保険の高年齢継続被保険者が保険料免除となるのはいつから?
 
 ◆法改正・労務トピック解説◆
  健康保険率・介護保険率の変更

 

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  雇用保険の高年齢継続被保険者が保険料免除となるのはいつから?
======================================================================

 

-Question-

 

 雇用保険では、65歳以上の被保険者は、
 高年齢継続被保険者とされ雇用保険料が免除となります。
 その保険料が免除となる時期は、次の時期のどれになるでしょうか?

 

 (イ)64歳になってから最初の4月1日
 (ロ)64歳の誕生日の前日
 (ハ)64歳になってから最初の1月1日
 
======================================================================
 ◆法改正・労務トピック解説◆
  健康保険率・介護保険率の変更
======================================================================

 

 各健康保険組合や協会けんぽでは、3月1日から年度が新年度に替わり、
 健康保険率・介護保険率が改定となります。

 

 主に中小企業が加入する協会けんぽでは、
 新年度になり健康保険率に変更はないものの、
 介護保険率が1.55%から1.72%に上がりました。

 

 【協会けんぽ】平成26年度の保険料率
  https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h26/260220

 

 社会保険料徴収の時期を翌月給与としている会社が多いと思います。
 新年度で保険率が変更する場合、今月の給与から保険料が変更となります。
 4月の給与計算を始める前に、お使いの給与計算システムの
 保険率設定が正しく変更されているか、確認を忘れないようにしましょう。

 

 保険率が改定する時期に寄せられる質問のうち、
 代表的なものをいくつかご紹介します。

 

 Q1、3月末退職と4月末退職で、徴収する社会保険料に違いはありますか。

 

 A1、3月末退職の場合、2月分は旧保険率で、3月分は新保険率で計算し、
    その合計2ヶ月分を3月の給与で徴収します。
    新旧の保険率が混在するため、徴収漏れがないよう注意しましょう。
    一方、4月末退職の場合、
    3月分、4月分共に新保険率の徴収となります。

 

 Q2、3月の月額変更に該当した場合、3月分の保険料は
    新しい標準報酬月額と新保険率で計算することになりますか。

 

 A2、3月分の保険料から新しい標準報酬月額と新保険率が適用されます。
    3月分の保険料は、標準報酬月額と保険率の
    二つの変更が必要となります。

 

 保険率が改定する時期は、給与計算の処理間違いが起こりやすいです。
 正しい保険率で計算しているか、いつも以上に確認に時間を取りましょう。
 
======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
======================================================================

 

-Answer-

 

(イ)64歳になってから最初の4月1日

 

 雇用保険の保険料は4月1日から翌年3月31日を1年度とし、
 その年度単位で計算されます。
 そして保険料免除についても、同じく年度で判断されることになります。
 
 保険年度の初日(4月1日)に満64歳の被保険者で、
 高年齢継続被保険者に該当する人は、
 64歳になってから最初の4月1日から雇用保険の保険料が、
 被保険者負担及び事業主負担共に免除となります。

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 1.提携セミナー

 

  たましん法人総合サービスBOB事務局 主催
  「やさしく楽しく学べる「経理実務」マスター講座」
  2014年4月25日(金)9:30~16:30【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/294.html

 

  明治大学 主催
  「はじめて学ぶ経理実務入門(全6回)」(第1回)
  2014年5月7日(水)19:00~20:30【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/300.html

 

  四国生産性本部 主催
  「やさしく楽しく学べる「経理実務」」
  2014年5月23日(金)10:00~16:30【高知】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/301.html

 

  マネジメント・トレーニング・センター 主催
  「海外派遣社員、出張者をめぐる日本における税務」
  2014年5月28日(水)13:30~16:30【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/302.html

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

  https://www.romu.jp/counseling/form.php

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

 

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ