法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第454号

2014年07月15日発行

法報タイムズ 第454号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2014.7.15/vol.454              発行総数:4,709 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 本格的な夏が近づいてきましたが、もう夏休みのご予定は立てられました
 でしょうか。
 人事労務担当者は、算定基礎届の提出を終えられ一息ついた頃かと思われ
 ますが、給与の締切日と支給日の期間が短い人事担当者は、まだ気を抜けま
 せん。
 今号では、給与の締切日・支払日を変更する時の注意点について解説します。
 
                           (山崎 精一郎)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  給与の締切日・支払日を変更する時の注意点は?

 

 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第23号 特定健康診査・特定保健指導(メタボ検診)

 

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

 

======================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  給与の締切日・支払日を変更する時の注意点は?
======================================================================

 

【質問】

 

 当社では、給与の計算期間を前月16日~当月15日、支払日を当月25日
 としていますが、給与計算の締切日から支払日までにゆとりを持たせるため、
 計算期間を当月1日~当月末日に、支払日を翌月25日にそれぞれ変更した
 いと考えています。
 この変更に何か問題があるでしょうか。
 また、変更に際し留意すべき点があれば教えてください。

 

───────────────────────────────────

 

【回答】

 

 給与の締切日・支払日を変更するだけであれば、労働条件の不利益変更に
 当たりませんので、就業規則の変更手続きを適正に行なえば、変更すること
 は可能です。ただし、毎月1回の給与支払日を確保することが必要です。

 

 「賃金の締切日及び支払時期」については、就業規則の絶対的必要記載事項
 とされています(労働基準法第89条第2項)ので、変更に際しては、
 過半数労働組合または過半数代表者の意見聴取をした後、意見書を添えて
 所轄の労働基準監督署長に届け出る必要があります。

 

 具体的に変更する場合の対応として、例えば、9月から変更した場合、
 9月の給与(8月16日~9月30)を10月25日に支払うと
 9月中の給与支払いが無いため、「毎月1回以上払いの原則」(労働基準法
 第24条第2項)違反となります。
 

 そこで、今回のケースであれば8月16日から8月31日で一旦、計算期間
 を締め切り9月25日に支払うなどの対応で、毎月1回以上の支払日を確保
 する措置が必要となります。

 

 また、上記の措置以外にも変更に際しては、あらかじめ十分な周知期間を
 設けると共に、変更月を賞与の支給月にあわせたり、暫定的に無利子の
 少額貸付制度を設けるなど、社員の生活に支障をきたさないような配慮が
 求められます。

 

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
  第23号 特定健康診査・特定保健指導(メタボ検診)
======================================================================

 

 平成20年4月より、内蔵脂肪型肥満に着目した特定健康診査・特定保健指
 導の実施が医療保険者(国民健康保険・被用者保険)に義務づけられました。

 

 特定健康診査・特定保健指導は40歳以上75歳未満の被保険者・被扶養者
 が対象となります。

 

 7月4日に平成24年度の受診率が厚生労働省から発表されました。
 前年度より1・5ポイント増え46・2%でしたが、目標としている
 「70%」には遠く及びませんでした。
 

 保険者ごとにみると、健保組合が70・1%に達しているのに対し、
 協会けんぽは39・9%、国民健康保険は33・7%でした。

 

 衛生委員会では、社員の生活習慣病の予防・早期発見のためにも積極的な
 受診を促しましょう。

 

 メタボ健診は、「特定健康診査」と「特定保険指導」がワンセットになって
 います。

 

 特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機づけ支援」、「積極的支援」
 の2つのレベルに分けられます。
 「動機づけ支援」に分類された人は、原則 1回の支援や指導ですみます。
 「積極的支援」に分類された人は、定期的・継続的な支援を受けることに
 なります。

 

 はっきりとした自覚症状がないため、メタボによりどのような病気に
 なったり障害が起こったりするのかがわからず、そのまま放置してしまう
 方も多いと思います。

 

 メタボ健診を受けることによって、現在の自分の体の状態をしっかりと
 把握して、今後どのような危険があるのか、その危険を回避するために
 どうすればよいのか指導を受けることで、自分のメタボを自覚して、
 メタボを改善・解消する意欲を持つことができます。

 

 メタボ健診を受けることは、自分のライフスタイルを健康的なものに見直す
 よい機会ですので、前向きに受けるようにしましょう。

 

 厚生労働省 特定健診・特定保健指導
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02a.html
 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 提携セミナー


 

  税務研究会 主催
  「「税務通信テキスト講座」税務基礎力アップ講座 給与」
  2014年7月23日(水)10:30~13:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/417.html

 

  税務研究会 主催
  「「税務通信テキスト講座」税務基礎力アップ講座 交際費」
  2014年7月23日(水)14:00~16:30【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/416.html

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを用いて行う行為については、
 一切責任を負いませんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ