法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第455号

2014年07月25日発行

法報タイムズ 第455号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2014.7.25/vol.455              発行総数:4,706 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 人事労務担当者の方は労働保険年度更新や算定基礎届が終わり、
 今は業務が一段落といったところではないでしょうか。
 社員の研修や福利厚生等の見直しを検討している企業であれば、
 忙しい時期が過ぎたこれからの時期で一気に対応したいものです。
 そこで今号では、研修に関する労働時間の取り扱いについて解説します。

                           (原田 翔介)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆今月の人事労務相談室◆
  勤務時間終了後の任意の語学研修は労働時間か?

 

 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー

 

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

 

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  勤務時間終了後の任意の語学研修は労働時間か?
======================================================================

 

【相談内容】

 

 勤務終了後、英会話の研修を導入しようと考えています。
 この研修に任意で参加させる場合は、労働時間として賃金を支払う必要が
 あるでしょうか?

 

──────────────────────────────────

 

【社労士のアドバイス】

 

 研修への参加が、あくまで社員の意思による自由参加であれば、
 労働時間として取り扱う必要はありません。
 逆に、会社の業務命令によって参加が義務づけられている場合は、
 労働時間として賃金を支払わなければなりません。

 

 勤務終了後の研修が労働時間に該当するか否かについては、
 以下のような行政通達が示されています。

 

 「労働者が使用者の実施する教育に参加することについて、就業規則上の
 制裁等の不利益取扱による出席の強制がなく自由参加のものであれば、
 時間外労働にはならない」(昭和26年1月20日基収第2875号)

 

 ここでいう「不利益取扱」とは、例えば、研修に参加しないことが
 人事考課のマイナス査定につながるような場合が挙げられ、
 そのような状況下では、その研修を労働時間とする必要があります。

 

 なお、勤務終了後の研修が労働時間に該当する場合において、
 研修時間を含めた1日の労働時間が8時間(法定労働時間)を超える場合は、
 時間外労働として割増賃金も支払う必要がありますので、ご注意ください。

 

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 

 ■スケジュール■

 

【8月11日】

 

 ・7月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (公共職業安定所)

 

 ・7月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 

【9月1日】

 

 ・7月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================

 

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 

Q「社員が使用人兼務役員に就任する場合、労働保険に関してどのような
  手続きが必要ですか?」

 

A「雇用保険の手続としては、『兼務役員等の雇用実態証明書』を
  ハローワークへ届け出ることになります。一方、労災保険については・・・」

 

 続きは、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2014/07/qa-20140720.html

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 提携セミナー

 

  税務研究会 主催
  「「税務通信テキスト講座」税務基礎力アップ講座 リース」
  2014年8月19日(火)14:00~16:30【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/423.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  「固定資産の会計税務の基礎知識」
  2014年8月21日(木)14:00~17:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/424.html

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  「人事労務担当者のための給与計算の税務ポイント」
  2014年8月28日(木)14:00~17:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/425.html

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://www.romu.jp/counseling/form.php

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

 

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ