法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第470号

2014年12月25日発行

法報タイムズ 第470号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2014.12.25/vol.470              発行総数:4,653 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 今年も終わりに近づき、年内最後の配信となりました。
 本年もご愛読いただき誠に有難うございました。
 年が明けると毎年1月に有給休暇を一斉に付与する会社もあるでしょう。
 そこで、今号では有給休暇の残日数に関する相談事例をご紹介します。

                           (原田 翔介)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆今月の人事労務相談室◆
  年次有給休暇の残日数は社員へ通知しなければならないか?

 

 ◆今月のお仕事一覧◆
  1月のお仕事カレンダー

 

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

 

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  年次有給休暇の残日数は社員へ通知しなければならないか?
======================================================================

 

【相談内容】

 

 当社では毎年1月1日に年次有給休暇(以下、年休)を一斉付与しています。
 一昨年に付与した分については、時効により消滅することになりますが、
 そもそも会社は、時効消滅する年休日数と、繰り越し分を含めた残日数を
 それぞれ社員に通知する義務はあるのでしょうか?

 

──────────────────────────────────

 

【社労士のアドバイス】

 

 結論から言えば、年休の消滅日数・残日数とも通知する義務はありません。

 

 ただし、就業規則の作成義務がある常時10人以上の事業所においては、
 どのタイミングで何日付与されるのかといった年休の付与ルールを
 あらかじめ就業規則に記載し周知する義務があります。

 

 また、会社に対しての法的拘束力はないものの、
 厚生労働省の「労働時間等見直しガイドライン」では、
 年休の取得促進を事業主に求めています。

 

 このような観点からすると、給与明細に表示する方法などにより、
 社員が年休の取得可能日数を確認できるようにしておくことが
 望ましいと言えるでしょう。

 

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  1月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 

 ■スケジュール■

 

【1月13日】

 

 ・12月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (公共職業安定所)

 

 ・12月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 

【1月20日】

 

 ・特例による源泉所得税の納付(7月~12月分)
 (郵便局または銀行)

 

【2月2日】

 

 ・12月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 

 ・労働保険概算保険料の第3期分の納付(口座振替を利用しない場合)
 (郵便局または銀行等)

 

 ・労働者死傷病報告書の提出(休業4日未満の10月~12月分の労災事故)
 (労働基準監督署)

 

 ・法定調書(源泉徴収票・報酬等支払調書・法定調書合計票)の提出
 (税務署)

 

 ・給与支払報告書の提出
 (市区町村)

 

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================

 

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 

Q「会社の社員旅行中に社員が怪我をした場合、労災と認められますか?」

 

A「本件の社員旅行は業務の一部であるとは言い難く、労災と認められない
  ものと考えられます。・・・」

 

 続きは、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_news/2014/12/news-20141220.html

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 提携セミナー

 

  スーパーストリーム株式会社 主催
  「8%時代における消費税申告実務の基礎」
  2015年1月20日(火)14:00~17:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/469.html

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス労務研究所

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ