法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第481号

2015年04月15日発行

法報タイムズ 第481号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2015.4.15/vol.481              発行総数:4,669 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 年度始めは何かと多忙を極める会社も多いと思います。
 所定労働日では仕事が終わらず、休日出勤をしなければならない方も多いの
 ではないでしょうか。休日出勤するときは、事前に休日と労働日を振替えて
 業務にあたることもあると思います。
 今号では、振替休日が月をまたぐ場合の取り扱いについてご紹介します。  

                             竹田 瑞穂

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  賃金締切日をまたいで振替休日を取得した時の注意点は?

 

 ◆メルマガ衛生委員会◆
  ストレスチェック制度の導入に向けて(3)実施方法

 

 ◆セミナーのご案内◆
  1.アクタスセミナー
  2.提携セミナー
  

 ◆アクタスチャンネル開設のお知らせ◆
  マイナンバーセミナーの一部を公開
  

======================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  賃金締切日をまたいで振替休日を取得した時の注意点を教えて下さい。
======================================================================

 

【質問】

 

 当社では、「業務上必要があるときは、休日を翌月末日以内の他の労働日に
 振り替えることがある。」と規定し、休日出勤した日については135%の
 支払いをしています。
 当社の賃金締切日は月末ですが、休日出勤をした月の翌月に振替休日を取得
 した場合、給与計算時の注意点はありますか?
 

───────────────────────────────────

 

【回答】

 

 振替休日が賃金支払期をまたぐ場合は、休日出勤発生月に135%(通常の
 賃金100%+割増分35%)を支払い、翌月振替休日を取得した時に
 100%分を控除する処理が必要です。

 

 【休日の振替とは】

 休日の振替とは、事前に振替対象となる休日と労働日を指定して、もともと
 休日であった日を労働日とし、労働日であった日を休日に入れ替える制度です。
 振替日については、振替えられた日以降できる限り近接している日が望ましい
 ですが、振替期限については、法律上の定めがありません。
 したがって、就業規則で定めたルールに従い振替日を指定します。

 

 例えば、今回のご質問のケースのように、土日祝日を休日(休日割増対象)
 と定めている会社において、4月は年度初めということもあり、新入社員
 研修の対応や新規業務の立ち上げで忙しく、第1、2週目の土曜日に出社が
 必要となった場合、4月中は忙しく振替休日を与えることが出来ないため、
 翌月に振替える場合、割増賃金の計算で次の点について注意が必要です。

 

 1.当月に休日労働分の135%支給が必要

  賃金は全額をその月に支払う義務があります。
  翌月に振替休日を取得する場合、休日出勤をした月に休日労働分の賃金と
  して、通常の賃金(100%)と休日割増分(35%)の支払が必要です。
  翌月に予定通り振替休日を取得した場合、ノーワーク・ノーペイの原則か
  ら、通常の賃金は支払う必要が無くなりますので、100%分の控除をす
  る対応となります。

 

  社員にしてみると、一度もらった賃金を返金するのは想定外と受け取る方
  もいるかもしれませんので、事前に制度の説明をされることをお勧めします。

 

 2.振替えたことで週40時間を超えたら時間外労働の125%支給が必要

  振替をした結果、1週間の実労働時間が40時間を超える場合、その超え
  た分は法定労働時間外労働となりますので割増賃金(25%)の支払い
  義務が生じます。

 

 割増賃金の支払いは上記の通り支払わなければならず、さらに人事労務担当
 者としては、36協定で定めた時間内に時間外・休日労働がおさまっている
 かということも注意して下さい。

 

 振替休日と代休の違いについてはバックナンバーをご覧ください。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2010/10/318.html

 

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
  ストレスチェック制度の導入に向けて(3)実施方法
======================================================================

 

 前回は、ストレスチェックを実施するに当たり、事前準備として、
 「衛生委員会で審議・確認すべき事項」について取り上げました。
 前回のバックナンバーです。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2015/02/475.html
 

 今号では、ストレスチェックの実施方法についてご紹介します。
 

 ■ストレスチェックの実施者

  ストレスチェックの実施者は、医師、保健師のほかに、厚生労働大臣が
  定める一定の研修を修了した看護師又は精神保健福祉士が行います。

 

 ■実施時期

  1年以内ごとに1回以上、実施します。
  今年の12月から実施となりますので、12月から1年以内に1回以上
  実施する必要があります。

 

 ■実施方法

  調査票によることを基本とし、面談による方法を必須とされていません。
  また、定期健康診断と同時にストレスチェックを実施することも可能です。

 

 ■ストレスチェックの検査項目

  ストレスチェックの検査項目については、会社独自に衛生委員会で審議
  した項目を選定することができます。ただし、独自の項目を選定する場合、
  「職場におけるストレスの原因に関する項目」、「ストレスによる心身の
  自覚症状に関する項目」及び「職場における他の労働者による支援に関す
  る項目」の3つの事項については含めなければなりません。
  会社独自の項目を選定しない場合は、国が示す標準的な項目「職業性スト
  レス簡易調査票」を用いて実施してください。

 

  なお、中小規模事業場については、標準的な項目をさらに簡略化した
  調査票が後日、国から示される予定です。

 

  職業性ストレス簡易調査票はこちら
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/kouhousanpo/summary/pdf/stress_sheet.pdf

 

 ■検査結果の通知

  検査結果は、検査を実施した医師等から直接社員へ通知されます。
  会社は社員の同意なく検査結果を知ることはできません。

 

 ■検査結果の保存

  会社は、社員の同意を得て、検査結果を把握した場合は、当該結果の記録
  を作成し、5年間保存しなければなりません。
  社員の同意が得られなかった場合は、会社は、検査を行った医師等に検査
  結果の記録の作成及び記録の保存が適切に行われるよう医師等へ交渉する
  など必要な措置を講じなければなりません。

 

 ■社員へ検査結果の同意の取得方法

  検査結果を会社に提供することについての社員の同意の取得方法について
  は、書面又は電磁的記録によっておこなう必要があります。

 

 ストレスチェック実施にあたり、まずは、ストレスチェックの実施者を定め
 ることからはじめましょう。
 実施者として産業医が適任ですが、産業医がいない場合は早めに産業医を探
 されることをおすすめします。

 もし産業医がいない場合はアクタスに一度ご相談ください。

 アクタスマネジメントサービス株式会社
 03-3224-8800
 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================
 

 1.アクタスセミナー

 

  アクタス主催(後援:公益社団法人立川法人会)
  「ストレスチェック義務化!
   職場のメンタルヘルス対策のポイントセミナー」
  2015年5月25日(月)10:00~11:30【立川】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/496.html


 

 2.提携セミナー

 

  たましん事業支援センター主催
  「事業承継丸わかりセミナー(税編)」
  2015年4月23日(木)16:00~18:00【立川】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/498.html

 

======================================================================
 ◆アクタスチャンネル開設のお知らせ◆
======================================================================
 

 この度、「アクタスチャンネル」を開設いたしました。

 

 先般、アクタス赤坂事務所で行いましたマイナンバーセミナーの一部を
 Youtubeでご紹介しております。

 

 マイナンバーの概要を知ることができますので、お時間のあるときにご覧
 いただければ幸いです。

 

 第1回 マイナンバー制度の目的
 https://www.youtube.com/watch?v=RbxwhYlD-8I

 

 第2回 制度開始までのスケジュール
 https://www.youtube.com/watch?v=681Ca4WqN9A

 

 第3回 マイナンバーの活用
 https://www.youtube.com/watch?v=w8iec61VQXQ

 

 ※アクタスチャンネル
 https://www.youtube.com/channel/UC9L3RDkHiQuABMbLkiA3y5w

 

 また、マイナンバーの収集・保管に関するシステムをお探しの場合や、
 マイナンバーへの対応方法についてお困りの場合は下記までお問い合わせく
 ださい。

 

【アクタス無料相談室】

 電話  0120-459-480(受付時間:平日10時~18時)
 メール info@actus.co.jp

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

 

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを用いて行う行為については、
 一切責任を負いませんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ