法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第491号

2015年07月24日発行

法報タイムズ 第491号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2015.7.24/vol.491              発行総数:4,875 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 今年の通常国会は、本来は6月24日に会期を終える予定でしたが、
 戦後最長となる9月27日まで延長されることになりました。
 今国会の改正法案の目玉の一つに労働者派遣法があり、動向が注視されます。
 今号では、派遣労働者の有給休暇に関する相談事例をご紹介いたします。

                            (原田 翔介)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆今月の人事労務相談室◆
  派遣先は、派遣社員に対して年次有給休暇の時期変更権を行使できるか?

 

 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー

 

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

 

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  派遣先は、派遣社員に対して年次有給休暇の時期変更権を行使できるか?
======================================================================

 

【相談内容】

 

 経理事務を担当している派遣社員から年次有給休暇取得の申出がありました。
 決算を迎える繁忙期のため、この時期に休暇を取得されては非常に困ります。
 労働基準法では、「事業の正常な運営が妨げられるとき」には
 希望通りの取得を拒否する権利(時季変更権)が会社に認められていますが、
 今回の派遣社員からの申出を断ることは問題ないでしょうか?

 

──────────────────────────────────

 

【社労士のアドバイス】

 

 派遣先は、派遣社員からの年次有給休暇(以下、年休)の申出に対し、
 時季変更権を行使する権利は持たず、今回の申出を断ることは出来ません。
(派遣社員に対する時季変更権を有しているのは、あくまで派遣元です)

 

 そもそも、派遣労働者の年休の申出は、派遣先に対してではなく、
 直接の雇用主である派遣元に対して行うのが本来であって、
 申出を受けた派遣元が時期変更権を行使するかどうかの判断基準は、
 派遣元の事業に支障があるかどうかで判断します。

 

 例えば、派遣社員が一斉に年休を取得しようとして、
 事業としての派遣業務に大きな支障をきたすような場合には、
 派遣元が時季変更権を行使することは問題ないでしょう。
 単に派遣先の業務が忙しいからという理由では、
 派遣元が時季変更権を行使することはできません。

 

 今回のように、派遣先でどうしても人手が必要な場合は、
 派遣元が別の派遣社員を派遣することで穴を埋め、
 派遣先に支障がないようにすべきというのが法律の趣旨です。

 

 とはいえ、他の派遣社員が臨時的に派遣されたとしても、
 派遣先が同等の働きを期待することは、現実的には難しいかもしれません。

 

 派遣先が、派遣社員に配慮を求めることまでは禁止されていませんので、
 派遣先の関係者に事前に相談してもらうなどのコミュニケーションをとり、
 業務が円滑にまわるように前もって計画を立てることが望ましいでしょう。

 

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 

 ■スケジュール■

 

【8月10日】

 

 ・7月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (公共職業安定所)

 

 ・7月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 

【8月31日】

 

 ・7月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================

 

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 

Q「従業員を雇用契約から業務委託契約に切り替える場合、
  どのような点に注意をすれば良いですか?」

 

A「雇用契約と判断されないよう、実態として受託者に一定の裁量が
  認められている必要があります・・・」

 

 続きは、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2015/07/qa-20150717.html

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 スーパーストリーム株式会社主催
 「ストレスチェック義務化!職場のメンタルヘルス対策のポイント」
 2015年8月26日(水)15:00~17:00【東京】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/523.html

 

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

 

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ