法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第499号

2015年10月15日発行

法報タイムズ 第499号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2015.10.15/vol.499              発行総数:4,901 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 平成27年10月に最低賃金の見直しが行われます。
 現在の賃金が最低賃金に抵触していないか確認をし、抵触する場合は賃金の
 改定が必要となりますので、
 今号は、最低賃金額以上を支給しているかどうかの確認方法を解説します。

                           竹田 瑞穂   

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  賃金額が最低賃金額以上かどうかを確認する方法

 

 ◆メルマガ衛生委員会◆
 (8)面接指導の実施について (面接指導医と面接時の確認内容)

 

======================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  賃金額が最低賃金額以上かどうかを確認する方法
======================================================================

 

【質問】

 

 弊社は賃金を固定給と歩合給とを併給して支給しております。
 平成27年10月に最低賃金が改定され、東京は昨年より19円高い、
 907円と発表がありました。
 昨年より大きく変わるため、現在の支給額が最低賃金に抵触していないか
 確認をしたいのですが、どのようにして比較したらよいでしょうか?

 

───────────────────────────────────

 

【回答】

 

 固定給と歩合給を各々時間換算した合計額と最低賃金額とを比較して、
 最低賃金額以上になっているか否かを確認します。

 

 下記、例を参考に解説します。

 【例】

  月間総労働時間 200時間
  月平均所定労働時間 170時間
  時間外労働時間 30時間
  固定給 119,000円
  歩合給 42,000円
  時間外割増賃金 27,825円

 

 上記の場合の賃金が最低賃金額以上となっているか否かは次のように確認
 します。

 

 1.固定給を月平均所定労働時間で除して時間あたりの金額を算出します。
  固定給(※1)÷月平均所定労働時間数
  ※1 最低賃金の対象とならない賃金を除いた金額
  119,000円÷170時間=700円

 

 2.歩合給を月間総労働時間数で除して時間あたりの金額を算出します。
  歩合給(※1)÷月間総労働時間数
  42,000円÷200時間=210円

 

 3.1と2から算出した時間あたりの金額を合計し、最低賃金と比較します。
  700円+210円=910円>907円

 

 今回のケースは最低賃金額以上となっていますので、賃金の改定は必要あり
 ません。もし、最低賃金を下回る場合は、賃金の増額を行う必要があります
 のでご留意ください。

 

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
 (8)面接指導の実施について (面接指導医と面接時の確認内容)
======================================================================

 

 前号に引き続き、今号では面接指導の実施にあたり、面接指導を実施する
 医師や面接時の確認内容等について説明いたします。
 前号についてはバックナンバーをご覧ください。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2015/09/496.html

 

 4.面接指導を実施する医師
 面接指導を実施する医師は、職場環境を熟知している会社の産業医がよい
 でしょう。もし、外部の医師に委託する場合にも、産業医資格を有する医師
 に委託することが望ましいです。
 また、労働者数50人未満の事業場で面接指導を実施する場合は、産業保健
 総合支援センターの地域窓口を利用することが可能です。

 

 産業保健総合支援センター
 http://www.rofuku.go.jp/sangyouhoken/tabid/333/Default.aspx

 

 5. 医師が該当社員より面接で確認する内容
 面接指導においては、ストレスチェックから得られた情報を参考に、以下に
 揚げる事項について確認します。

 (1) 社員の勤務状況
 (2) 社員の心理的な負担の状況
 (3) (2)のほか、社員の心身の状況

 

 会社はあらかじめ面接指導を実施する医師に対して、当該社員に関する労働
 時間、労働密度、深夜業の回数および時間数、作業負担の状況等、勤務の
 状況並びに職場環境等に関する情報を提供することが必要です。

 

 6.指導の内容
 面接では事前に収集した情報とその場で聴取した状況から医学的に判断して
 以下の項目について該当社員に指導を行います。
 (1) ストレス対処技術の指導
 (2) 気づきとセルフケア
 (3) 専門機関の受診の勧奨と紹介

 

 次号では面接指導実施後の対応についてご説明します。

 

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを用いて行う行為については、
 一切責任を負いませんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ