法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第500号

2015年10月23日発行

法報タイムズ 第500号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2015.10.23/vol.500              発行総数:4,920 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 秋が深まり肌寒い日が増えてきました。
 会社と社員の関係は常に良好であることが理想的ですが、
 必ずしもそうとはいかないのが現実ではないでしょうか。
 今号では、会社に対して不満を抱える社員に関する相談事例をご紹介します。

                             (原田 翔介)

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆今月の人事労務相談室◆
  態度が悪い社員を懲戒できるか?

 

 ◆今月のお仕事一覧◆
  11月のお仕事カレンダー

 

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  態度が悪い社員を懲戒できるか?
======================================================================

 

【相談内容】

 

 待遇等の会社に対する不満を理由に、上司に対して反抗的な言動をとったり、
 業務中に明らかにやる気のない態度をとる社員がいます。
 他の社員への影響を考えるとなんらかの措置をとりたいと考えていますが、
 態度が悪いことを理由に懲戒処分を課すことは可能でしょうか?

 

──────────────────────────────────

 

【社労士のアドバイス】

 

 態度が悪いことだけを理由に懲戒処分を行うことは難しいと考えられます。
 ただし、態度を早急に改めるよう業務命令を下し、その業務命令に
 従わなかった場合には、業務命令違反という理由で懲戒処分の対象にできる
 可能性があります。

 

 ご質問のケースにおいては、まず会社として当該社員に対して
 十分な注意、指導を行う必要があります。
 そのため、上司等からの注意、指導を行っても改善が見られない場合は、
 業務命令として改善を求める対応が考えらえます。

 

 この業務命令に従わない場合、次の段階として懲戒の検討となりますが、
 まずは譴責等の比較的軽度な処分から検討すべきでしょう。

 

 これら一連の対応で注意すべきことは、懲戒処分を課す前に注意・指導、
 業務命令といった段階を踏んで対応すべきということです。
 さらに、前段階の手順を踏んだ記録を残すためにも、
 一連のやり取りは出来る限り書面に記録することが望ましいと言えます。

 

 なお、懲戒処分を行うには、就業規則にその根拠が明記されているなど
 一定の要件を満たさなければなりません。
 懲戒処分が有効となる要件については下記リンクもあわせて参照ください。
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2010/05/post-20.html

 

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  11月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 

 ■スケジュール■

 

【11月10日】

 

 ・10月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (公共職業安定所)

 

 ・10月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 

【11月30日】

 

 ・10月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 

【その他チェック事項】

 

 ・年末調整の申告書配布と回収
 「平成27年分年末調整のしかた」
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2015/01.htm

 

 ・マイナンバーの通知(10月20日頃~概ね11月中)
 http://dwl.gov-online.go.jp/video/cao/dl/public_html/gov/pdf/tokusyu/mynumber/flyer/
mynumber_flyer201510.pdf

 

======================================================================
 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆
======================================================================

 

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 

Q「特定の職種のみ65歳定年とすることはできますか?

 

A「全ての社員について、60歳以上の定年制度とあわせて
  高年齢者雇用確保措置のいずれかが適用されていれば、
  高年齢者雇用安定法(以下「高齢法」という)上の問題はありませんが・・・」

 

 続きは、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓
 http://www.romu.jp/cms_qanda/2015/10/qa-20151020.html

 

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス社会保険労務士法人

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ