法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第510号

2016年02月05日発行

法報タイムズ 第510号

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2016.2.5/vol.510                     発行総数:4,981 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛


アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 平成27年の通常国会で成立が先送りとなっていた労働時間制度の改革を
  中心とした改正労働基準法案が、今年の通常国会で可決される見通しが
  高まっています。
  今号では、その概要と企業に与える影響についてお伝えいたします。           

                                                         (熊田 洋平)


======================================================================


【目 次】


 ◆ 知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  高齢者の雇用確保措置は何歳まで?


 ◆法改正・労務トピック解説◆
  現在審議中の労働基準法改正案の概要について


 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー
 

======================================================================

 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  高齢者の雇用確保措置は何歳まで?

======================================================================


-Question-

 高年齢者雇用安定法による高年齢者の雇用確保措置により、会社は雇用する
 高年齢者が希望する場合、一定年齢までの雇用が義務付けられています。
 この一定年齢とは次のうちどれでしょうか。

(イ)65歳まで
(ロ)70歳まで
(ハ)80歳まで


======================================================================

 ◆法改正・労務トピック解説◆
  現在審議中の労働基準法改正案の概要について

======================================================================


 現在国会で審議されている労働基準法の改正案は以下の通りです。
 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/189-41.pdf


 今号では特に中小企業への影響が大きいと思われる2点について
 解説をしてまいります。


 1、中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し

 労働者が法定労働時間を超えて働いた場合、その時間外労働に対して
 通常賃金の25%増しによる割増賃金の支給が必要ですが、時間外労働が
 月60時間を超えた場合には、60時間を超えた部分に対し50%以上の
 割増賃金を支給することが求められています。(労基法37条)
 

 同制度はこれまで中小企業は免除されていましたが、改正案が可決されると
 中小企業への免除措置が廃止となります。
 改正案の施行時期は平成31年4月とされており、施行まで3年間の猶予が
 ありますが、将来の施行開始を見据えて、社内の残業時間の現状を把握し、
 業務の平準化や残業の事前申請などのルール化及び徹底など、残業削減の
 対策を今から進めていくことが求められます。


 2、一定日数の年次有給休暇の確実な取得

 年次有給休暇が年10日以上付与されている労働者に対しては、年間5日の
 有給取得を会社に義務付ける制度です。
 この改正案は平成28年4月に施行開始が予定されており、実務において
 注意して頂きたいポイントは次の2つです。


 (1)正社員に限らない

 パートやアルバイトであっても、年10日以上有給休暇が付与されていれば
 取得義務化の対象となります。


 (2)年間5日を既に取得していれば義務は発生しない

 既に労働者全体で取得日数が年間5日を超えている場合は、取得義務は
 発生しませんが、取得率が低い会社は取得義務への対応が必要となります。
 例えば、労働者が自ら2日の有給休暇しか取得していない場合は、
 年間5日に満たない3日を会社は取得させる義務を負うことになります。


 日本は世界の中でも有給休暇の取得率が低いといわれており、
 長時間労働による労働者の健康への影響も懸念されています。
 労働者の心身のリフレッシュに有給休暇の積極的取得は大事なことです。
 一方で現場で混乱が生じないよう、未取得者への取得を連続休暇とするか、
 2ヵ月に1日ずつ指定するか等、どのように有給休暇を取得させるかを練る
 必要があります。
 また、5日以上の確実な取得に向け管理簿等を整える必要もあります。


 今回解説をした改正案は、いずれも労使双方に影響が出てまいります。
 労働者から質問がある可能性も考えられますので、自社で取り得る方針を
 検討し、体制、ルール作りを予め進めるようにしましょう。 


======================================================================

 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆

======================================================================


-Answer-

(イ)65歳まで


 会社は定年退職制度がある場合でも、雇用する労働者が希望する場合には、
 原則65歳までの雇用確保が義務付けられています。会社は雇用確保措置の
 方策として次の3つのうちいずれかを実施することが求められます。


 1.定年年齢の引き上げ
 2.継続雇用制度の導入
 3.定年制度の廃止


======================================================================

 ◆セミナーのご案内◆

======================================================================


 提携セミナー


 株式会社オービックビジネスコンサルタント主催
 

 「人事総務部のためのマイナンバー対策セミナー」
 2016年2月9日(火)15:20~16:40【東京】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/593.html


 「2016年1月マイナンバー制度スタート!
  マイナンバーの収集業務における実務ポイント」
 2016年2月9日(火)10:00~11:30【つくば】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/590.html


 「有給消化義務化と時間外割増賃金アップ!
  労働基準法改正に企業が対応するためのポイントと具体策」
 2016年2月9日(火)13:00~14:20【つくば】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/591.html


 「ストレスチェック義務化スタート!
  制度の理解と企業における実務対応ポイント」
 2016年2月9日(火)14:35~15:35【つくば】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/592.html

 

 株式会社スーパーストリーム株式会社主催
 

 「労働時間制度改革を中心とした法改正動向と今から準備すべき対策」
 2016年2月24日(水)15:30~17:00【東京】
 詳しい内容、お申込みはこちらから↓
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/584.html
 


======================================================================

 ◆皆様のご意見をお寄せください◆

======================================================================


 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。


https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96


======================================================================


■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/


■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html


■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。


======================================================================


■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。


■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【発行元】


 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社


【運営WEBサイト】


 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ