法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第532号

2016年09月15日発行

法報タイムズ 第532号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2016.9.15/vol.532               発行総数:5,039 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

同月中に賞与支給が2回あった場合、社会保険料や所得税の計算をする上での
注意点について、解説いたします。            
(鎌本 紀子)

======================================================================

【目 次】

 ◆給与・社会保険相談Q&A◆
  同月中に賞与支給が2回あった場合の社会保険料・所得税の計算について

  ◆メルマガ衛生委員会◆
   ストレス管理のためのセルフケア、ラインケア
   (2)ラインケアの活用

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆ 給与・社会保険相談Q&A◆
  同月中に賞与支給が2回あった場合の社会保険料・所得税の計算について
======================================================================

【質問】
 同月中に賞与支給を2回行うことになりました。
 社会保険料や所得税の計算にあたり、何に気を付ければ良いでしょうか。
───────────────────────────────────

【回答】

 基本的な考えとして、賞与を別々に支払っても1回で支払っても、計算結果
 の合計は同じになります。
 1回目の賞与計算は、通常どおり行います。
 2回目の賞与計算は、1回目と2回目の賞与を合計して社会保険料等を算出
 したうえで、その算出額から1回目の賞与で徴収済みの社会保険料等を控除
 した残額が2回目の社会保険料等となります。

 社会保険料は、賞与額の千円未満を切捨てた「標準賞与額」に対し、保険料
 率を乗じて算出しますが、千円未満の切り捨てや上限があることで、1回目
 と2回目を別々に計算した場合とそれぞれを計算した場合で計算結果が異な
 ってきます。
 例えば、1回目賞与が100,500円、2回目が50,500円とします。
 この場合、1回目賞与では標準賞与額10万円から保険料を算出しますが、
 2回目賞与では、100,500円+50,500円=151,000円の
 標準賞与額から保険料を算出し、1回目の保険料を控除することになります。
 1回目と2回目を別々に計算すると、2回目賞与の標準賞与額を5万円とし
 て計算することになりますが、これは誤りです。
 また、健康保険は年間累計573万、厚生年金は月150万の上限がありま
 すが、1回目の賞与で上限に達していなくても2回目の賞与で上限に達する
 場合もあるので、注意が必要です。

 次に、所得税ですが、前月給与の社会保険料控除後の給与額に対し、賞与税
 率が決まります。
 2回の賞与合計であっても参照する税率は通常変わりませんが、前月給与が
 ゼロの場合や、前月給与の10倍以上の賞与支払の場合には、特殊な税額計
 算を行いますので、やはり、1回目と2回目の賞与を合算して税額を計算し
 たうえで、2回目賞与の所得税額を決定させるようにしましょう。

 【ご参考:賞与に対する源泉徴収(国税庁)】
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2523.htm

 【ご参考:従業員に賞与を支給したときの手続き】
 http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20141203.html

======================================================================
 ◆メルマガ衛生委員会◆
    ストレス管理のためのセルフケア、ラインケア
   (2)ラインケアの活用
======================================================================

 前号では、ストレスチェックと併せてメンタルヘルス不調の予防に有効な手
 段になる「セルフケア」と「ラインケア」のうち「セルフケア」について解
 説しました。
 今号ではラインケアについて解説します。

 「ラインケア」
 管理監督者が安全配慮義務として行うケアです。日常的に職場環境や部下の
 健康状態を最も把握できる立場である管理監督者がタイムリーに適切なケア
 を行うことはメンタルヘルス不調の予防に大変効果的です。一方、ラインケ
 アに関する必要な知識が不足していたり、ラインケアの必要性・有効性につ
 いての理解が乏しくモチベーションが低い方も多く見受けられます。特に、
 セルフケア以上に必要な知識も多く幅広いため、ラインケアが有効に機能す
 るよう会社が定期的にラインケア研修を実施していくことが効果的です。
 研修内容で想定されるものは、

  1)心の病に関する管理者としての基本知識
  2)早期発見のためのポイント
  3)管理監督者に求められる責務
  4)メンタルヘルス不調になった場合の対応や社内手続き
  5)復職の場合の支援、留意事項等
  6)労働安全衛生法や労災保険に関する基礎知識や事例
  7)部下とのコミュニケーションの取り方やポイント

 などがあります。

 セルフケア同様、ラインケアもできれば毎年実施することをお勧めします。
 昇進して新たに管理監督者になった方にタイムリーに必要な知識等を提供す
 ることは必要ですし、研修を受けたことがある方に知識や事例の積み増しを
 していくことも有効です。また、管理監督者への昇進時研修を行っている場
 合は、その中で基本情報などを管理監督者全体向けに行うラインケア研修に
 先立って提供しておくことも効果的と思います。

 【ご参考:「 e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるラインによるケア」
 (厚生労働省"こころの耳")】
 http://kokoro.mhlw.go.jp/e-learning/linecare/

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

(提携セミナー)

  株式会社オービックビジネスコンサルタント 主催
  「有給消化義務化と時間外割増賃金アップ!労働基準法改正に企業が
   対応するためのポイントと具体策」セミナー
  2016年9月16日(金)13:00~14:00【水戸】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/691.html

  みずほ総合研究所株式会社 主催
  「やさしく楽しく学べる「経理実務」マスター講座」
   ~経理の先輩がやさしくアドバイスをするように、わかりやすく丁寧に
   解説します~
  2016年9月26日(月)10:00~17:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/685.html
  
  スーパーストリーム株式会社 主催
  「2016年度年末調整の実務のポイント」セミナー
  2016年10月5日(水)10:00~13:00【東京】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/695.html

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを用いて行う行為については、
 一切責任を負いませんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ