法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第542号

2016年12月22日発行

法報タイムズ 第542号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2016.12.22vol.542              発行総数:4,992

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓

    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃

    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 厚生労働省が昨年度に実施した「過重労働解消キャンペーン」において、

 当局が重点監督した事業所のうち、全体の約35%で自己申告制による

 労働時間管理を行っている実態が明らかになりました。

 本号では、自己申告制を採用する場合の注意点につき解説します。

                          (山崎 精一郎)

 

======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆今月の人事労務相談室◆

  自己申告制で労働時間管理するにあたり注意すべきは?

 

 ◆今月のお仕事一覧◆

  1月のお仕事カレンダー

 

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆

  【人事労務Q&A】ページの情報を更新しました。

 

======================================================================

 ◆今月の人事労務相談室◆

  自己申告制で労働時間管理するにあたり注意すべきは?

======================================================================

 

【相談内容】

 

 当社では、勤怠管理を本人による自己申告制としています。

 結果的に毎月全社員が残業時間をゼロと申告しているため、

 残業手当を支給していませんが、問題ありませんでしょうか?

 

──────────────────────────────────

 

【社労士のアドバイス】

 

 自己申告制による労働時間の管理方法は認められていますが、

 申告が形式的になっているなど実態と異なっている場合は問題です。

 

 労働時間の管理方法につき、通達では次の3つの方法が示されています。

 「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」

 (平成13年4月6日基発第339号)

 

1.使用者自ら現認をする方法

2.タイムカード等の客観的な記録をする方法

3.従業員の自己申告制で労働時間管理を行う方法

 

 ただし、3の自己申告制においては以下の条件付きとなっています。

・労働時間の実態を正しく記録し、適正に自己申告を行うことについて

 十分な説明を行うこと。

・自己申告により把握した労働時間が実際の労働時間と合致しているか否か

 について、必要に応じて実態調査を実施すること

・労働者の適正な申告を阻害する目的で時間外労働時間数の上限を

 設定するなどの措置を講じないこと。

 

 これは、何らかの圧力により正確な申告が妨げられるおそれがあるなど、

 記録された労働時間の正確性を証明することが難しいことが理由です。

 従い、自己申告制では、上記措置を合わせて行うことが必要となります。

 

 長時間労働による過労死等の発生が社会問題となる昨今、

 行政も過重労働撲滅特別対策班(通称「かとく」)の設置や

 長時間労働事業場への監督対象拡大など指導を強化しています。

 これらへの対策上も、まずは自社の労働時間の正確な把握が求められます。

 

======================================================================

 ◆今月のお仕事一覧◆

  1月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)

======================================================================

 

 ■スケジュール■

 

【1月10日】

 ・12月入社の雇用保険資格取得届の提出

 (公共職業安定所)

 

 ・12月分源泉所得税・住民税の納付

 (郵便局または銀行)

 

【1月20日】

 ・特例による源泉所得税の納付(7月~12月分)

 (郵便局または銀行)

 

【1月31日】

 ・12月分社会保険料の納付

 (郵便局または銀行)

 

 ・労働保険概算保険料の第3期分の納付(口座振替を利用しない場合)

 (郵便局または銀行等)

 

 ・労働者死傷病報告書の提出(休業4日未満の10月~12月分の労災事故)

 (労働基準監督署)

 

 ・法定調書(源泉徴収票・報酬等支払調書・法定調書合計票)の提出

 (税務署)

 

 ・給与支払報告書の提出

 (市区町村)

 

======================================================================

 ◆Romu.jpのコンテンツ更新ご案内◆

======================================================================

 

 【人事労務Q&A】ページにおいて、以下の情報を更新しました。

 

Q「年間4回以上賞与を支給することになった場合、事務処理で注意すべき

  ことはありますか?」

 

A「年間4回以上支給される賞与は社会保険上の報酬となるため・・・」

 

 続きは、アクタス人事労務WEBサイト「Romu.jp」にて↓

 http://www.romu.jp/cms_qanda/2016/12/qa-20161220.html

 

=====================================================================

 ◆皆様のご意見をお寄せください◆

======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。

 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、

 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。

 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/

    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で

 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま

 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し

 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/

 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ