法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第557号

2017年05月25日発行

法報タイムズ 第557号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2017.5.25/vol.557              発行総数:4,853 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 労働契約法の改正により平成30年4月から無期転換申込権を有する
 有期契約社員が本格的に登場することになります。
 今号では、無期転換ルールの特例措置について解説します。
                          (山崎 精一郎)

======================================================================

【目 次】

 ◆今月の人事労務相談室◆
  無期転換ルールの特例措置とは?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  6月のお仕事カレンダー

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  無期転換ルールの特例措置とは?
======================================================================

 【相談内容】

 当社では60歳定年後の定年再雇用制度を設けており、
 希望者は1年毎の有期契約で原則65歳まで再雇用しています。
 この度、ある再雇用者から65歳以降も継続勤務したいと申し出があり、
 有能な人材であることから会社としても承諾したいと考えています。
 これにより再雇用期間が通算5年を超えてしまいますが、
 このような場合にも無期転換の申込権が発生するのでしょうか?

──────────────────────────────────

 【社労士のアドバイス】

 当局に対して無期転換の特例に関する申請を行った上で認定を受ければ、
 定年再雇用者には無期転換の申込権が発生しません。

 2013年4月に施行された改正労働契約法により、
 有期労働契約が繰り返し更新され通算契約期間が5年を超えたときは、
 労働者の申し込みにより期間の定めの無い労働契約に
 転換できる権利が与えられることになりました(無期転換ルール)。

 この無期転換ルールには特例があり、
 1.高度専門職に従事する有期雇用労働者
 2.定年後再雇用される有期雇用労働者、については、会社が「適切な
   雇用管理措置を実施」し、「都道府県労働局長の認定を受ける」
   ことで、当該労働者の雇用期間中は、無期転換の申込権が発生
   しません。

 ご質問のケースは2に該当し得ますが、具体的な手続きとしては
 以下のいずれかの措置を講じて『第二種計画認定申請書』を作成し、
 都道府県労働局に申請する必要があります。

 【継続雇用高齢者の特性に応じた雇用管理措置の内容】
 A.高年齢者雇用推進者の選任
 B.職業訓練の実施
 C.作業施設、方法の改善
 D.健康管理、安全衛生の配慮
 E.職域の拡大
 F.職業能力を評価する仕組み、資格制度、専門職制度等の整備
 G.職務等の要素を重視する賃金制度の整備
 H.勤務時間制度の弾力化
 上記の詳細は厚労省パンフレットを参照ください。
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000075676.pdf

 定年再雇用者の特例については、あくまで事前の申請と承認が必要です。
 自動的に特例が適用される訳ではないことにご留意ください。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  6月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

 【6月1日~】
  ・労働保険年度更新(~7月10日まで)

 【6月12日】
  ・5月入社の雇用保険資格取得届の提出
  (公共職業安定所)
  ・5月分源泉所得税・住民税の納付
  (郵便局または銀行)

 【6月30日】
  ・5月分社会保険料の納付
  (郵便局または銀行)

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 ■提携セミナー

  四国生産性本部 主催
  経理実務力向上セミナー
  2017年5月25日(木)10:00~16:30【愛媛】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/795.html

  株式会社オービックビジネスコンサルタント 主催
  増加する労基署調査への対処術~過重労働問題から考える残業対策~
  2017年6月7日(水)13:15~14:30【新潟】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/791.html

  キャノンシステムアンドサポート株式会社 主催
  今、知っておくべき!増加する労働基準監督署調査と法規制強化への対処術
  2017年6月14日(金)13:30~15:00【熊本】
  詳しい内容、お申込みはこちらから↓
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/789.html

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
=====================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ