法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第560号

2017年06月23日発行

法報タイムズ 第560号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2017.6.23/vol.560              発行総数: 4,854 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 昨今の厳しい採用環境に対する求人施策の一つとして、
 社員紹介制度の導入を検討している企業が増えています。
 今号では、社員紹介制度導入にあたっての注意点を解説します。
                          (山崎 精一郎)

======================================================================

 【目 次】

 ◆今月の人事労務相談室◆
  社員紹介制度を導入する場合の注意点は?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  7月のお仕事カレンダー

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  社員紹介制度を導入する場合の注意点は?
======================================================================

 【相談内容】

 採用環境が厳しさを増す中、当社では社員紹介制度を設けることを
 検討しています。しかし、こうした場合に社員に報酬を支払うことは
 法律で禁じられていると聞きました。
 法律に抵触せずに支払いを行うことは可能でしょうか? 

──────────────────────────────────

 【社労士のアドバイス】

 就業規則に支給条件や支給金額を記載することで、
 社員紹介に対する報酬を合法的に支払うことが可能となります。

 応募者を紹介し報酬を得る行為については、法令により
 以下のようにそれぞれ禁止されています。

 ・労働基準法第6条
 「何人も(中略)業として他人の就業に介入して利益を得てはならない」
 ・職業安定法第40条
 「労働者の募集を行う者は、その被用者で当該労働者の募集に
 従事するもの又は募集受託者に対し(中略)賃金、給料その他これらに
 準ずるものを支払う場合を除き(中略)報酬を与えてはならない」

 よって、社員紹介制度が法違反とみなされないようにするためには、
 就業規則で支給条件や支給金額を定め、紹介に対する報酬を
 「賃金」として支払うことを明確にすることが必要となります。

 なお、通達等で示されている訳ではありませんが、報酬が高額な場合は
 「業として」人材紹介を行っているものとみなされる可能性もあります。
 あまり高額にせず適度な金額に留めておいた方がよいでしょう。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  7月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール

 【7月10日】
 ・算定基礎届の提出
 (年金事務所または健康保険組合)
 ・労働保険年度更新
 (労働基準監督署または銀行等)
 ・6月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (ハローワーク)
 ・6月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)
 ・特例による源泉所得税の納付(1月~6月分)
 (郵便局または銀行)

 【7月18日】
 ・高齢者雇用状況報告書および障害者雇用状況報告書の提出
 (ハローワーク)

 【7月31日】
 ・6月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)
 ・労働者死傷病報告書の提出(休業4日未満の4月~6月分の労災事故)
 (労働基準監督署)

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 ■提携セミナー

  ◇株式会社オービックビジネスコンサルタント 主催◇
  行政による規制強化の最新実態と労働基準監督署調査への対処法
  6月27日(火)10:00~11:30【東京】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/803.html

  増加する労基署調査と法規制強化への対処術
  ~改正労基法の動向を踏まえて~
  6月30日(金)14:00~16:00【大阪】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/804.html

  人事総務トレンド情報『労基署調査対策』セミナー
  増加する労基署調査と法規制強化への対処術
  ~改正労基法の動向を踏まえて~
  7月6日(木)14:00~16:00【和歌山】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/805.html

  ◇株式会社DTS 主催◇
  増加する労基署調査と法規制強化への対処術
  ~改正労基法の動向を踏まえて~
  7月12日(水)13:40~15:00【大阪】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/806.html

  ◇富士ゼロックス埼玉株式会社 主催◇
  労働基準法改正で求められる過重労働対策とテレワークの活用
  7月14日(金)10:00~11:00【埼玉】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/807.html

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
=====================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ