法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第563号

2017年07月25日発行

法報タイムズ 第563号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2017.7.25/vol.563              発行総数: 4,829 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 無期転換制度への準備対応は進んでおりますでしょうか。
 今号では、有期労働契約において更新年数の上限を設ける場合の
 留意点について解説します。
                          (山崎 精一郎)

======================================================================

 【目 次】

 ◆今月の人事労務相談室◆
  有期労働契約において更新年数の上限を設ける場合の留意点は?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
  有期労働契約において更新年数の上限を設ける場合の留意点は?
======================================================================

 【相談内容】

 来年4月以降に無期転換申込権を有する契約社員が生じることに伴い、
 当社では有期労働契約の更新年数の上限を定めることを検討しています。
 その際、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

──────────────────────────────────

 【社労士のアドバイス】

 当初の労働契約締結時に更新年数に上限があることを説明した上で、
 合意を取るなどの丁寧な対応が求められます。

 無期転換申込権の発生を回避するために、更新年数や回数の上限を定めて、
 通算で最長5年となるような労働契約を予め締結する方法が考えられます。

 しかし、社員が更新年数に上限があることを十分に説明せずに
 本人も理解しないまま労働契約を締結または更新していたような場合には、
 上限設定の有効性について後日紛争になる可能性があります。
 よって、以下のような点に注意して対応することが適切です。

 1.更新年数に上限があることを十分に説明し、合意を得ること
 2.更新上限までの雇用を保障するものでないことを明確にすること
 3.上限を超える更新や無期転換を期待させるような言動を行わないこと

 なお、既に契約している有期契約社員について、更新年数の上限を超えた
 雇用継続が期待し得る状況下で、一方的に更新年数の上限を宣言しても、
 雇用継続への合理的な期待を一方的に消滅させることはできません。
 (平成24年8月10日基発0318第2)

 そのため、「無期転換をさせないため」という理由のみではなく、
 更新上限を設ける合理的な目的(今後の業務量や人材活用方針等)を
 明確にした上で、十分に説明を行い、真の合意を得ることが大切です。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  8月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

 【8月10日】
  ・7月入社の雇用保険資格取得届の提出
  (ハローワーク)
  ・7月分源泉所得税・住民税の納付
  (郵便局または銀行)

 【8月31日】
  ・7月分社会保険料の納付
  (郵便局または銀行)

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 ■提携セミナー

  ◇株式会社オービックビジネスコンサルタント 主催
   電子帳簿保存法による経理の業務改善
   ~スキャナ保存制度の要件を理解してその活用を考える~
   2017年7月25日(火)
   13:15~14:45【大阪】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/812.html
   2017年8月1日(火)
   11:30~12:50【東京】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/815.html

   労働法改正、行政の規制強化の最新動向と働き方改革
   ~会社として必要な取組と残業時間を減らす手法~
   2017年7月26日(水)
   13:30~15:00【埼玉】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/818.html
   2017年7月27日(木)
   13:30~15:00【石川】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/820.html
   2017年8月24日(月)
   13:30~15:00【新潟】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/821.html

   働き方改革に向けた経理業務効率化の勘所
   2017年8月1日(火)
   10:00~11:00【東京】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/814.html
 
   増加する労基署調査と法規制強化への対処術
   ~改正労基法の動向を踏まえて~
   2017年8月7日(月)
   13:00~15:00【岡山】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/819.html

  ◇キヤノンシステムアンドサポート株式会社 主催
   労働法改正、行政の規制強化の最新動向と働き方改革
   2017年8月2日(水)
   13:30~15:15【群馬】
   http://www.actus.co.jp/seminar/detail/822.html

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
=====================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ