法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第564号

2017年08月04日発行

法報タイムズ 第564号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2017.8.4/vol.564                    発行総数: 4,808 部

 

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 みなさんこんにちは。
 平成29年7月より協会けんぽにてマイナンバー制度による情報連携が
  開始されますので、解説してまいります。
                                                       (熊田 洋平)
     
======================================================================

 

【目 次】

 

 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
   休業手当の保障割合は?
 

 ◆法改正・労務トピック解説◆
  協会けんぽにおいてマイナンバー制度による情報連携が開始されます

 

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
  休業手当の保障割合は?
======================================================================

 

 -Question-

 使用者の責任より労働者を休業させた場合、使用者は労働基準法第26条
 により休業期間中の生活保障として休業手当を支払う必要があります。
 この支払うべき休業手当として正しいのは次のうちどれでしょうか。

 

(イ)平均賃金の40%以上
(ロ)平均賃金の50%以上
(ハ)平均賃金の60%以上


======================================================================
 ◆法改正・労務トピック解説◆
  協会けんぽにおいてマイナンバー制度による情報連携が開始されます
======================================================================

 

 法報タイムズ543号(平成29年1月5日発行)にて、協会けんぽの
 マイナンバーの取り扱いについて解説を致しました。
 http://www.romu.jp/cms_magazine/2017/01/543.html

 

 「申請書内にマイナンバーを付記することにより、平成29年7月からは
 非課税証明書等の従来必要とされていた添付書類を省略することが出来る」
 とご案内しましたが、7月18日よりマイナンバー制度による情報連携の
 開始が発表されました。

 

 しかしながら、7月から3か月程度は「試行運用期間」と定められており、
 この期間は情報連携結果と添付書類内容に相違がないかを確認するために、
 従来通り添付書類の提出が必要となります。
 

 本年秋以降には、本格運用が開始され、次の添付書類が不要になる予定です。

 <マイナンバー記入により情報連携を行う申請>
 ・高額療養費の申請(低所得者のみ)
 ・高額介護合算療養費の申請(低所得者のみ)
 ・基準収入額適用申請
 ・食事及び生活療養標準負担額の差額申請(低所得者のみ)

 

 【協会けんぽ】平成29年7月よりマイナンバー制度による情報連携が開始されます
  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat550/sb5010/290526001

 

======================================================================
 ◆知っ得!労務クイズ こんな時、あんな時◆
======================================================================

 

 -Answer-

 (ハ)平均賃金の60%以上

 

  労働基準法第26条で定められている休業手当は、使用者の責に帰すべき
 理由で労働者を休業させた場合、当該労働者に、その休業期間中に対し
 平均賃金の60%以上の手当を支払うことが義務付けられています。
 一般的に、使用者の責に帰すべき休業とは、経営難による休業、監督官庁の
 勧告により操業を停止した場合などが該当し、天変事変、停電等による
 休業は含まれません。さらに、就業規則等により休日と定めている日が
 休業期間中に含まれる場合、その休日に対しては休業手当を支払う必要は
 ありません。

 また、平均賃金の60%以上というのは、実際に給与を支給した場合は、
 その支給額と合せて60%以上に達せればよいとされています。

 

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 

 提携セミナー

 

  株式会社オービックビジネスコンサルタント 主催
  増加する労基署調査と法規制強化への対処術~改正労基法の動向を踏まえて~
   8月7日(月)13:00~15:00【岡山】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/819.html

 

  労働法改正、行政の規制強化の最新動向と働き方改革
  ~会社として必要な取組と残業時間を減らす手法~
  8月24日(月)13:30~15:00【長岡】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/821.html
  

======================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

 

  https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

 

======================================================================

 

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。

    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

 

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

 

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

 

======================================================================

 

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

 

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【発行元】

 

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

 

【運営WEBサイト】

 

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ