法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第590号

2018年10月15日発行

法報タイムズ 第590号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2018.10.15/vol.590                   発行総数:4,722 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 みなさん、こんにちは。
 本号では働き方改革による「時間外労働の上限規制」開始に伴い、様式が変
 更される36協定について解説してまいります。
                            (鎌本 紀子)

======================================================================

 【目 次】

 ◆法改正・実務トピック解説◆
   36協定の新様式は2種類へ変更されます
 
 ◆今月の人事労務相談室◆
  所定労働時間が日ごとに異なるパートタイムの有給休暇の賃金は?

 ◆今月のお仕事一覧◆
  11月のお仕事カレンダー

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー
  

======================================================================
 ◆法改正・実務トピック解説◆
  36協定の新様式は2種類へ変更されます
======================================================================

  第145回労働政策審議会労働条件分科会にて2019年4月以降使用する
 36協定の新様式が公開されました。
 今号では、装い新たになった36協定書の主な変更点についてお伝えします。

 (1)様式が2種類へと変更
 これまでは特別条項を設けようが設けまいが、同じ様式での届出が可能でし
 たが、2019年以降は特別条項の有無によって使用する様式が異なります。
 厳密に言えば、特別条項を設ける場合、通常の時間外労働の限度時間に関す
 る協定を1ページ目とし、2ページ目に特別条項の詳細を記載することとな
 りますので、2枚組となります。

 (2)チェックボックスの新設
 「時間外労働及び休日労働を合算した時間数は、1箇月について100時間
 未満でなければならず、かつ2箇月から6箇月までを平均して80時間を超
 過しないこと。」というチェックボックスが設けられました。

 (3)特別条項の様式の記載内容がより厳格化
 特別条項を設ける場合の様式(2ページ目)には、「限度時間を超えて労働
 させる場合における手続」、「限度時間を超えて労働させる労働者に対する
 健康及び福祉を確保するための措置」を個別に記載する欄が設けられました。

 それぞれの変更点も大切ではありますが、特に上記(3)にある通り、特別
 条項を発動させるためには健康確保措置を取る必要があり、その具体例は様
 式の裏面に取組例が記載されております。
 
 社内での取り組みを早めに検討しておきましょう。

 【参考】
 (厚生労働省)「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」
              について
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322_00001.html

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
 所定労働時間が日ごとに異なるパートタイムの有給休暇の賃金は?
======================================================================

【相談内容】

 月曜~水曜は4時間、木曜と金曜は6時間で契約しているパートタイム労働
 者が有給休暇を取得した場合、支払うべき賃金はどのように計算すべきでし
 ょうか。
 月曜日と金曜日でそれぞれ支払う賃金は異なりますでしょうか。

──────────────────────────────────

 【社労士のアドバイス】

 まず有給休暇に対する賃金の支払について整理しましょう。
 
 有給休暇を取得した場合に支払うべき賃金については、労基法第39条にて
 以下のように定められています。
 (1)通常の賃金
 (2)平均賃金
 (3)例外として健康保険の標準報酬日額に相当する額(労使協定が必要)

 会社のルール上、就業規則等にどのように定められているかによりますが、
 仮に(1)通常の賃金にて支払うと規定されている場合には、それぞれの曜
 日における契約時間分の賃金を支払うことになりますので、月曜日に有給休
 暇を取得した場合と、金曜日に有給休暇を取得した場合で、支払われる賃金
 が異なることになります。

 しかしながら取得する曜日によって金額に違いが生まれますので、中には不
 公平感を感じるパートタイム労働者もいるかもしれません。

 そのような声が大きい場合には、平均賃金を用いた計算も一案です。
 この方法によれば有給休暇を取得する曜日の影響を受けないことがメリット
 ですが、一方で有給休暇を取得する都度、平均賃金を算出する必要がありま
 すので、事務処理が煩雑になることがデメリットとなります。

 (参考)平均賃金の算出方法
 https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-roudoukyoku/var/rev0/0109/4772/280823-1.pdf

 (1)と(2)いずれを採用する場合であってもメリットデメリットがあり
 ますので、社内で検討の上支払うようにしましょう。

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  11月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

 【11月10日】
 ・10月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (ハローワーク)
 ・10月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 【11月14日】
 ・労働保険料の第2期分口座振替納付日

 【11月30日】
 ・10月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 ■その他チェック事項■

 ・年末調整申告書の配布と回収
 「平成30年分年末調整のしかた」 
   https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/01.htm

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================
 
 ■提携セミナー

  ◇りそな総合研究所
  「経理の基本をかんたん理解!「経理実務講座」
  2018年10月22日(月)10:00~16:45【東京】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/940.html

  ◇日税ビジネスサービス
  「相続税実務の進め方と遺産分割シュミレーション」
  2018年10月31日(水)10:00~17:00【東京】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/943.html

  ◇リコージャパン
  「施行まで残りわずか、企業に求められる働き方改革への実務対応」
  2018年11月6日(火)15:00~16:00【長野】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/944.html

  ◇リードエグジビションジャパン
  「複数税率の区分経理から インボイス制度までの全体像」
  2018年11月7日(水)13:00~14:30【大阪】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/946.html

  ◇BOB事務局
  「年末調整の実務ポイント総点検」
  2018年11月20日(火)14:00~17:00【東京】
  http://www.actus.co.jp/seminar/detail/945.html
 
=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

  https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ