法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> 法報タイムズ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第591号

2018年11月15日発行

法報タイムズ 第591号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■2018.11.15/vol.591                   発行総数:4,724 部

    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃法┃報┃タ┃イ┃ム┃ズ┃
    ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛

アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 今号では配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱い変更により源泉徴収票の
 記載方法の一部変更について解説してまいります。
                    (鎌本 紀子)

======================================================================

 【目 次】

 ◆法改正・実務トピック解説◆
   平成30年以降の源泉徴収票記載様式変更について
 
 ◆今月の人事労務相談室◆
  2か所で給与支給がある方の配偶者控除等について

 ◆今月のお仕事一覧◆
  12月のお仕事カレンダー

 ◆セミナーのご案内◆
  ・アクタスセミナー
  ・提携セミナー
  
======================================================================
 ◆法改正・実務トピック解説◆
  平成30年以降の源泉徴収票記載様式変更について
======================================================================

  税制改正により、平成30年分から、配偶者控除及び配偶者特別控除の取扱
 いが変更されましたが、これに伴い、源泉徴収票の記載方法も一部変更と
 なっております。
 配偶者に関連する4つの記載欄について、記載方法の注意点を解説いたします。
 
 次の3つのパターンにわけて記載方法を整理します。
 A.配偶者控除の適用を受けた場合
 B.配偶者特別控除の適用を受けた場合
 C.扶養控除等申告書に源泉控除対象配偶者の記載がある方で年末調整の
   適用を受けない場合(中途退職の場合)

 【記載欄】
 (1)(源泉)控除対象配偶者の有無等
  「配偶者控除」の適用を受けた場合、及び年末調整の適用を受けなかった
  方で扶養控除等申告書に「源泉控除対象配偶者」の記載があった場合に
  該当する欄に丸印を記載します。
  従って、Bの場合は記載なし、AとCの場合に丸印を記載します。

 (2)配偶者(特別)控除対象配偶者
  年末調整で適用を受けた「配偶者控除の額」または「配偶者特別控除の額」
  を記載します。
  従って、Cの場合は記載なし、AとBの場合に金額を記載します。

 (3)(源泉・特別)控除対象配偶者
  ABCいずれの場合も配偶者の名前、個人番号を記載します。

 (4)配偶者の合計所得
  昨年までは、配偶者特別控除の適用があった場合のみ記載しましたが、
  ABC何れの場合も記載することになりました。
  ABは、配偶者控除等申告書に記載された配偶者の合計所得金額を記載し、
  Cは、扶養控除等申告書に記載された源泉控除対象配偶者の所得の見積額
  を記載します。

 なお、本人の合計所得金額が1,000万円を超えているため、配偶者控除
 及び配偶者特別控除の適用を受けることができない方の配偶者が同一生計
 配偶者に該当し、障害者控除の適用を受けた場合は、1~4何れも記載しま
 せんが、摘要欄にお名前と同一生計配偶者である旨を記載することになって
 います。

 【参考】
(国税庁)「平成30年分給与所得の源泉徴収票の記載のしかた」
  https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/pdf/h30/23100051-03.pdf

======================================================================
 ◆今月の人事労務相談室◆
 2か所で給与支給がある方の配偶者控除等について
======================================================================

 【相談内容】

 配偶者控除等申告書の記載方法について質問がありました。
 当社で年末調整の適用を受ける方ですが、2か所で勤務しているとのことで
 給与所得には、当社分だけを記載するか、他社分を含めて記載するのか、と
 いう質問で、2か所の合計をすると所得が900万を超えるそうです。

──────────────────────────────────

 【社労士のアドバイス】

 全ての勤務先の給与を合計して、所得の見積額を記載する必要があります。

 本年から「配偶者控除等申告書」は1枚の独立した様式となり、書式も大き
 く変わりました。所得の記載方法は、配偶者分もご自身分の何れも「本年中
 の合計所得金額の見積額」を記載することとなっていますので、他の勤務先
 でも給与支給を受けている場合は、全ての勤務先の給与を合計して、所得の
 見積額を記載する必要があります。

 「配偶者控除等申告書」は、ご自身の所得が1,000万以下でかつ、配偶者
 の所得が123万以下の方が、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」の
 適用を受けるために提出する書類です。

 配偶者控除は、昨年まで、ご自身の所得に関わらず、給与所得者と生計を一
 にする配偶者の所得金額が38万以下であれば、配偶者控除として38
 (48)万の控除が受けることができ、配偶者特別控除については、ご自身
 の所得1,000万円以下という要件があり、配偶者の所得額に応じて適用さ
 れる配偶者控除額が異なっていました。

 本年からは、配偶者控除にもご自身の所得1,000万以下という要件が追加
 され、同時に配偶者控除と配偶者特別控除の両方について、ご自身と配偶者
 の所得額に応じて控除額が異なることとなりました。

 ご自身の合計所得の見積額に応じた、配偶者控除または配偶者特別控除の
 適用額は次のとおりとなります。
 1.ご自身の合計所得の見積額900万以下の場合
   3万円~38(48)万円
 2.ご自身の合計所得の見積額900万超950万以下の場合
   2万円~26(32)万円
 3.ご自身の合計所得の見積額950万超1,000万以下の場合
   1万円~13(16)万円
 
 ※カッコ内は、配偶者が70歳以上の場合

 (参考)
 国税庁「配偶者控除」
 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1191.htm

 国税庁「配偶者特別控除」
 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1195.htm

======================================================================
 ◆今月のお仕事一覧◆
  12月のお仕事カレンダー(提出先・納付先)
======================================================================

 ■スケジュール■

 【12月10日】
 ・11月入社の雇用保険資格取得届の提出
 (ハローワーク)
 ・11月分源泉所得税・住民税の納付
 (郵便局または銀行)

 【1月4日】
 ・11月分社会保険料の納付
 (郵便局または銀行)

 ■その他チェック事項■

 ・賞与支払届の提出
 賞与を支給した場合は、支払日より5日以内に、賞与支払届と賞与支払届
 総括表を提出しなければなりません。
 支給がなかった場合でも賞与支払届総括表は提出する必要があります。

 ・年末調整の実施
 社員から申告書を回収し、チェック作業を始めている会社も多いでしょう。
 国税庁サイトなどを活用して、事前におさらいしておきましょう。
 「年末調整がよくわかるページ」
 http://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 ■アクタスセミナー

 「消費税10%改正・軽減税率制度導入の正しい理解と経理実務への対応策」
 2018年11月20日(火)14:00~15:30【荒川】
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/955.html

 「働き方改革関連法対応 就業規則・労使協定の見直しセミナー」
 【A日程】2018年11月28日(水)15:30~16:30【赤坂】
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/949.html

 【B日程】2018年12月 5日(水)15:00~16:30【赤坂】
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/951.html

 ■提携セミナー

 「年末調整の実務ポイント総点検」
 2018年11月20日(火)14:00~17:00【東京】
 http://www.actus.co.jp/seminar/detail/945.html

=====================================================================
 ◆皆様のご意見をお寄せください◆
======================================================================

 『法報タイムズ』を毎号ご愛読いただきまして、ありがとうございます。
 アクタスでは、法報タイムズの更なる充実を目指し、
 読者の皆様からメルマガに関するご要望やご意見をお待ちしております。
 下記専用フォームより、皆様のご意見をお寄せください。

  https://reg23.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lcq-njsi-1b2fb121f1bd62e24ed7279ab4b15c96

======================================================================

■このメールマガジンは以下の配信システムを利用しています。
    まぐまぐ http://www.mag2.com/
    melma!  http://www.melma.com/

■バックナンバー http://archive.mag2.com/0000041295/index.html

■変更・解除は、ご登録いただいた配信システムで行ってください。

======================================================================

■当マガジンは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】

 アクタス社会保険労務士法人/アクタスマネジメントサービス株式会社
  アクタス税理士法人

【運営WEBサイト】

 アクタスWEBサイト     http://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ