法報タイムズ 人事労務の最新情報満載のメルマガを毎月無料でお届けします!

TOP >> アクタス社労士メルマガ

法報タイムズ

購読申し込みはこちら(購読無料)


第621号

2021年04月15日発行

アクタス社労士メルマガ 第621号

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃ア┃ク┃タ┃ス┃社┃労┃士┃メ┃ル┃マ┃ガ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛             
                                                  2021.4.15/vol.621    

 *4月より「法報タイムズ」は「アクタス社労士メルマガ」に名称を変えて
  旬な人事労務情報をお届けします。


【目 次】

 ◆人事労務のお役立ち情報◆
   中途採用比率の公表が義務化されました
 
 ◆今月の人事労務QA◆
  ワーキングホリデー利用者を雇用する時の注意点

 ◆セミナーのご案内◆
  提携セミナー

======================================================================
 ◆人事労務のお役立ち情報◆
  中途採用比率の公表が義務化されました
======================================================================

 「労働政策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等
  に関する法律(労働施策総合推進法)」が改正され、対象企業に正規雇用者
 の中途採用比率の公表が義務付けられました。
 
  中途採用に関する情報を公開することで、中途採用を希望する労働者と企業
  のマッチングを促進することを目指しています。 

 以下より概要を解説いたします。

 1.対象
   常時雇用労働者数301人以上の企業
   ただし、常時雇用する労働者数が 300人以下の事業主であっても、
   その後300人を超えた場合は、その事業年度から対象となります。
 
 2.公表すべき内容
   直近の3事業年度の各年度についての、採用した正規雇用者の
   中途採用比率
 
   「直近の3事業年度」とは、事業年度における正規雇用労働者の
   採用活動が終了し、正規雇用による中途採用者の状況をまとめる
   ことができる状態となった最新の事業年度から3事業年度を指します。

 
   「中途採用」とは、新規学卒等採用者以外の雇い入れ者で、既卒者で
   あって、新規学卒者と同じ採用枠で採用した者は含みません。
   
 3.公表の方法
  
  (1)公表した日を明らかにして、直近の3事業年度について、インター
     ネットの利用その他の方法により、求職者等が容易に閲覧できる
     ように公表する必要があります。
  
     「インターネットの利用」とは、原則として自社のホームページの
     利用等を指します。また、厚生労働省がインターネット上に開設する
     「職場情報総合サイト(しょくばらぼ)」の利用も含まれます。
   
     「その他の方法」とは、「日刊紙への掲載」等の広く情報を周知させる
     方法のほか、事務所へ掲示や書類の備え付け等の方法により、求めに
     応じて一般の者が知り得るようにする方法をいいます。

  (2)公表する値は、原則として小数点以下第1位を四捨五入した整数値
     とします。ただし、事業主の判断で小数点以下第2位以下の位を
     四捨五入した値まで公表しても問題ありません。

  (3)初回の公表については、2021年4月1日の法施行後、最初の
     事業年度内に、2度目以降は前回の公表からおおむね1年以内に、
     可能な限り速やかに公表を行うこととされています。

 詳細につきましては、厚生労働省ホームページをご参照ください。

 <正規雇用労働者の中途採用比率の公表>
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/tp120903-1_00001.html

 労働者の主体的なキャリア形成による職業生活の更なる充実や再チャレンジが
 可能となるよう、中途採用に関する環境整備をさらに推進する必要がある、と
 しています。公表の義務付けを踏まえた今後の対応が注目されます。 
 
======================================================================
 ◆今月の人事労務QA◆
  ワーキングホリデー利用者を雇用する時の注意点
======================================================================

【相談内容】

 ワーキングホリデーで来日した外国人を雇用することになりました。
 課税処理や社会保険・雇用保険手続きの注意点はありますか?
 
───────────────────────────────────

【社労士のアドバイス】

 ワーキングホリデー制度は、協定を結んでいる二国・地域間の取決め等に基き、
 各々が相手国・地域の青少年に対し、休暇目的の入国及び滞在期間中の
 旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を相互に認める制度です。
 ワーキングホリデー利用者を雇用する場合には、以下の点にご注意ください。
 
 1.課税処理
   ワーキングホリデー利用者は、通常は日本に滞在する期間が1年未満のため
   税制上の「非居住者」となり、給与の支払いに当たっては20.42%の
   所得税を源泉徴収します。
 
   なお、利用者が在留資格変更の手続き等を行うことによって在留期間が
   更新され、日本に1年以上滞在予定となった場合は、税制上の「居住者」
   として所得金額に応じた超過累進税率で計算することが必要です。
 
 2.社会保険・雇用保険
   社会保険は通常どおり、適用要件を満たす場合には加入対象となりますが、
   雇用保険は対象外となります。ただし、外国人雇用状況の届出が必要です。
   ワーキングホリデービザの場合、在留カードに「在留資格:特定活動」と
   記載されていますので、ご確認ください。

======================================================================
 ◆セミナーのご案内◆
======================================================================

 ■提携セミナー

 ◇りそな総合研究所 主催
 経理の基本をかんたん理解「経理実務講座」
 2021年4月19日(月) 10:00~17:00【東京】
 https://www.actus.co.jp/seminar/3661/

 ◇みずほ総合研究所株式会社 主催
 やさしく楽しく学ぼう「経理実務マスター講座」
 2021年5月19日(水)10:00~17:00【東京】
 https://www.actus.co.jp/seminar/3664/

 ◇四国生産性本部 主催
 経理実務基礎セミナー
 2021年5月25日(火)10:00~16:30【香川】
 https://www.actus.co.jp/seminar/3663/
 
======================================================================
 ◆アクタスの人事サービスのご案内◆
======================================================================
 
 アクタスは、人事コンサルティングや給与・社保手続きのアウトソーシング
 サービスを提供しております。各種サービスの詳細につきましては下記を
 ご参照ください。

 ●人事コンサルティングサイトはこちら https://actus-hrc.jp/
 ●給与・社保アウトソーシングはこちら https://www.actus.co.jp/lp/bpo/
  ●その他人事労務サービスはこちら https://www.actus.co.jp/service-hr/

======================================================================
■バックナンバー http://www.romu.jp/cms_magazine/
======================================================================

■本メールは、法律問題の解説にあたり、十分な調査・研究を踏まえた上で
 発表しておりますが、読者がこれを実行されるにおいては一切責任を負いま
 せんので、ご注意ください。

■掲載記事の全部または一部の無断転載、複写、その他の二次的利用を禁止し
 ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】
 アクタス社会保険労務士法人
【運営WEBサイト】
  アクタスWEBサイト     https://www.actus.co.jp/
 アクタス人事労務WEBサイト http://www.romu.jp/

 *配信停止をご希望の方は、件名に「アクタス社労士メルマガ配信停止依頼」
 を入力のうえ、以下のメールアドレスまで、本メールをご返信ください。
  info@romu.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーTOPへ
ページの先頭へ