人事労務相談Q&A こんな場合はどうすればいいの?

TOP >> 人事労務Q&A >>

試用期間を延長することは可能ですか?

3か月の試用期間付きで採用した正社員について、試用期間中の成績や上長の評価が基準に達しないため、試用期間をもう3か月延長したいと思います。法的に問題ないでしょうか?



以下の条件を満たしている限り、試用期間の延長は可能です。
1.延長するに相当する合理的理由があること
2.必ず期間を限って試用期間を延長すること
3.社員への説明を行い合意を得ること
4.試用期間延長について明文化された就業規則等があること
 

【試用期間延長の理由】
当初予定した試用期間内では本人の能力や適性が十分見極められないため、試用期間を延長して様子を見たいということがあります。しかし、試用期間は会社が自由に延長できるものではなく、それ相応の理由がないと認められません。例えば、本来は解雇に該当するが、解雇を猶予する措置として試用期間を延長するといった状況などです。
 

【試用期間の限度】
試用期間中は社員を不安定な状態に置くため、長期間の試用期間は望ましくなく、1年が限度と考えられています。過去の判例でも、長期間の試用期間もしくは定めのない試用期間に対して争われているケースが多々見受けられます。
 

【就業規則の定め方】
試用期間を設けるか否かについては直接規制する法律はありません。しかし、試用期間を設ける場合には、その期間や期間中の処遇について規定しておく必要があります。試用期間に関する定めに不足はないか確認をし、今後に備えておきましょう。
 

[規定例]
第○条 (試用期間)
1.新たに採用した者については採用の日から3か月間の試用期間を設ける。ただし、会社が必要と認めた者には試用期間を短縮、免除または6か月を限度として延長することがある。
2.試用期間中または試用期間満了の際、引き続き社員として勤務させることが不適当であると認められる者については、本採用は行なわない。
3.試用期間は勤続年数に通算する。
4.試用期間中の者が本規則に定める解雇事由に該当する場合は、試用期間中といえども解雇する場合がある。
 

試用期間を延長することによって社員の本採用の期待は高まることになります。試用期間延長後、どの程度本採用の可能性があるのかについても検討を加えた上で、試用期間延長の必要性を最終的に決定してください。

労務アドバイザーへ相談する


アクタスの関連サービスご紹介
アクタス就業規則コンサルティング アクタス労務顧問サービス



Romu.jp内の関連リンク
【Q&A】問題社員への対応方法 


2010年05月14日公開

人事労務相談Q&ATOPへ
ページの先頭へ

カテゴリ: